2012/05/13

Post #531 久々に友人がやってきた、ヤァ、ヤァ、ヤァ!

まるで、ビートルズがやってきたヤァ、ヤァ、ヤァ!みたいなノリだが、そんな大騒ぎな話ではない。今日は五年ほどご無沙汰だった友人が遊びに来てくれたのだ。なに、仲が悪くなっていたわけじゃない。仕事の関係で、5年ほど遠くで暮らしていた友人が、仕事を辞めて地元に帰ってきたということだ。朋友遠方より来たるあり、これ嬉しからずやって奴だ。
Marrakech,Morocco
こんな俺だから、友人と呼べるような付き合いのある人は、さほど多くはない。俺の友人というのは、ある意味絶滅危惧種だ。そのうちの貴重な一人だ。余りに友人の数が少ないから、そのうち中国からトキみたいに輸入して、繁殖させたりしなけりゃならなくなるだろう。おっくうなこった。そんなことまでするくらいなら、友人は少なくても構わないぜ。
彼とは食事をして、(そう、彼にとっては5年ぶりの地元の味味噌煮込みうどんだ) 車に乗って岐阜まで足を延ばし、うちの連れ合いも一緒に3人で、寂れにさびれた柳ヶ瀬を歩いて写真を撮ったりしてきたんだ。
そうそう、俺としても久しぶりに岐阜の老舗の中古カメラ屋・棚橋カメラにも寄ってみた。少しとぼけた味のおじさんとおばさんが、永年夫婦で店を守っている。久々に会ったおじさんは、少しやせて頭が薄くなっていたな。聞けば、癌を患って大きな手術をして、最近ようやく回復したということだ。けれど、おじさんもおばさんも、俺や連れ合いのことはしっかり憶えていてくれて、たいそう歓迎してくれた。ここは中古カメラはもとより、なかなかマニアックなアクセサリー類が豊富な店だ。アサヒペンタックス67に55ミリの広角レンズが16,800円?!という、びっくり価格で売っている。思わず心がぐらついた。なんせ、天才アラーキーも使っていたカメラだからな。俺の友人は、OMのファインダースクリーンを1500円だかで買って喜んでいた。
棚橋のおじさんにとっては、久々に賑やかな客だったことだろう。おじさん、よほど嬉しかったのか、再び街に繰り出した俺達を、店の外まで見送ってくれた。そして、俺たちの後ろ姿をしばらくの間、見守っていてくれたんだ。棚橋のおじさん、これからもお元気で。

読者諸君、失礼する。俺としては、久々に休日らしい休日だった。こんなの本当に久しぶりだッたんだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿