2012/05/21

Post #540 プリントをすると心が落ち着くんだ

Marrakech,Morocco
今日は仕事の予定もなかったんで、久々にみっちり腰を落ち着けてプリントに取り組んだ。モロッコの写真がネガ一本分、そして長いこと放置されていた大阪の写真をネガ一本分合わせて35枚。
そういえば、この大阪の写真を撮影したころに、俺はこのブログをはじめたんだった。感慨深いな。いや、自分の無精を反省すべきか。
プリントをするのは、いつも始めるまではおっくうだ。なにしろ貧乏所帯なんで専用の暗室なんかがあるわけでもない。とにかく準備に手間がかかるんだ。掃除だってしておかないとな。ホコリは大敵なんだ。やってみればわかるさ。ホコリが舞って、ネガに付着するとだねぇ、ホコリも引伸ばされてしまうんだ。どうなると思う?そう、せっかくのプリントに陰毛が乗っかってるような筋が入るんだ。これにはいつもとうんざりだ。それに、部屋の片づけもしておかないと、水洗した印画紙を乾かすスペースも無い。とにかく手間がかかるんだ。
しかし、始めるといろんな心の中のモヤモヤも忘れて没頭できる。暗くて狭いあの環境が良いのか。確かにそれもあるだろう。しかし、俺はいつも焦燥感を感じているんだ。仕事をしていても、ホントーに自分がやるべきことはこれじゃないと感じている。そう、本当にやるべき事、それはプリントだ。
何より、今までに撮影したネガの中には、まだまったくプリントしていないものがゴマンとある。こんなことじゃ、死ぬに死ねないってもんだ。
ぶっちゃけて言えば、これをすべて片付けようと思うと、時間も金もべらぼうに必要なんだ。金は稼げばいいだろう。しかし、時間は?俺の人生、何時唐突に終わるかどうか分かったもんじゃないんだぜ。もちろんそれは、俺だけに限ったことじゃないがね。だから、いつも焦ってる。暇を見つけてプリントすればいいだけの話しなんだが、なかなかその暇がねぇ・・・、大きな問題なんだよ。そんなことだから、何時だって心穏やかでいられないんだ。
だから今日は、充実した時間を過ごすことが出来て、非常に満足だ。
出来のほうはまぁまぁだ。しかし、俺はプロじゃないから、つまりコレで飯を食ってるわけじゃないから、出来不出来なんて、自分が良ければ何でもイイんだ。それでこそ、芸術家っぽいというもんだろう?そもそも、写真の良し悪しなんか、見る人間が決めることで、俺がプリントする時には、何ら関わりないだろう。
まぁ、要はあれだ、俺はプリントをすると心の中のわだかまりも忘れて、充実した時間を過ごすことができるってことがいいたいんだ。まったく以て結構なことだ。君も試してみるがいい。何かを自分でつくりだすこと、それが大切なんだ。本当に生きてるって思えてくるぜ。

読者諸君、失礼する。例によって今日の写真はまた明日以降お届けしよう。なにしろ乾燥中だからな。

0 件のコメント:

コメントを投稿