2012/05/24

Post #543 夢うつつ

昨日の夜の仕事が長引き、帰ってきたのは今日の昼だった。しかも、帰りがけによった薬局で、つい洗面台の陶器の水垢を取る便利グッズを買ってしまい、シャワーも浴びずに赤い目をして洗面台を磨き上げていた俺なのさ。なかなかにきれいになって満足だ。俺はいたく満足し、シャワーを浴びて、眠りについた。
しかし、真昼間に眠っても、熟睡はできない。こんな時はいつも、眠っているのか、起きているのかよくわからない一日になってしまう。夢うつつだ。どこまでが現実で、どこまでが夢なのか、判然としない時間が流れてる。こんな時に、取引先から電話がかかってくると、往々にしてとんでもないことになるんだ。なんだか、人生を無駄にしたような気分だ。まぁイイか。そんな日もあるさ。
じゃ、今日も君に写真をお送りしよう。
Osaka
寝床の中でゴロゴロしながら、北島敬三の写真集(正確には回顧展の図録のようなものかな)を見ていた。やはり俺の好みなのは、80年代初期くらいかな。ニューヨークや当時まだ共産圏だった東欧でのスナップ。どこか暴力的に、人間の姿を赤裸々にもぎ取ってきたような、荒々しい印象の力強い写真が好きだ。
かつて、森山大道が北島敬三を評して、『白昼の通り魔のような』写真家だとか言っていたのを読んだような憶えがある。
写真とは、少なくともスナップ写真ってのには、どこか理不尽な暴力のような、何かしら犯罪めいた背徳性があると俺はいつも思っているんだ。当時の北島敬三の写真は、そんな思いを確信に導いてくれるような重たい迫力を感じる。もっとも、近年の北島敬三は、その手の写真はもう撮っていないようだけれど。
そういえば、まったく北島敬三とはまったく関係ないけれど、先日福井の九頭竜湖で見つかった、冷蔵庫の中の白骨死体は、俺が住んでる町に暮らしていた27歳の女性のものだとわかったそうだ。昨年の11月のある夜、勤め先を出てから行方が分からなくなっていたそうだ。若い女性が変わり果てた姿になってしまって、遺族の方の悲しみの深さは、推し量ることすらできない。ひどい話だ。
俺の町は、本当に治安が悪い。まるでバットマンのいないゴッサムシティーだ。ジョーカーみたいなサイコ野郎が夜ごとうろついてるに違いない。夜になれば、カエルの鳴き声が響く一見平和なところに俺は住んでいるというのに・・・。
とはいえ、俺自身はかなり不用心で、家の鍵もかけずに、ぐうぐう眠っていたりするんだけどね。

読者諸君、失礼する。戸締りはきちんとした方がいい。日本が治安がイイなんて話は、一億層中流と言われた時代の遠い思い出だ。警察の中にも、くだらない犯罪者がごまんといるご時世だ。気を付けたほうがいいぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿