2012/05/26

Post #545 たまにはこんなのもありだろう?

名古屋セントラルパークのゆるキャラ、マグマ
いつもの硬派なモノクロをお楽しみいただいている諸兄諸姉には、顰蹙だろーか?
まるで、女の子のブログ出でてくるような、やっつけな写真だ。君たちの期待を裏切ってみたかったんだ。
名古屋の繁華街、栄にそびえるTV塔の地下に広がる地下街・名古屋セントラルパークのマスコットキャラクター、マグマです。中京圏以外の皆さん、よろしくお見知りおきください。
地下にいる熊だから、マグマ。
ゆるキャラにはダジャレが似合うということか。しかし、意外に可愛い。仕事の合間に見かけて、写真を撮りたいというと、ポーズを可愛くキメテくれたぜ。
今時、どこにだって地下街はフツーにあるが、何故か昔から名古屋は地下街が発達していると考えられている。確かに、真夏や真冬は、みんな地下街の中ばかり歩いている。地底人だ。仕方ない、名古屋の夏はアフリカ人でも堪える程に暑い。また、冬ともなれば、伊吹降ろしにさらされ、体感温度は低いのだ。快適な地下街に引きこもってしまいたくなるのも、よくわかる。
おかげで、街を歩いていても、スナップが撮りにくいんだ。何故って意外と人が歩いていないからね。車で動き、地下街を歩き回る。それが名古屋人というものさ。
彼の天才アラーキーも、その往年の名著『写真への旅』の中で、名古屋を訪れ、名古屋の写真サークルの面々と出会った際には、彼らの事をモグマン(=つまりモグラのような地底人という意味か)などと呼んでいたっけな。如何にもアラーキーっぽいが凄いセンスだ。思わず絶句してしまった事を思い出す。だからまぁ、モグマンよりもマグマのほうが、いいんじゃないかなぁ・・・。なにしろかわいいし。
読者諸君、失礼する。今日はこれからやっつけ仕事だ。仕事の段取りをしなくちゃならないんだ。まったく、週末も台無しってもんだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿