2012/05/31

Post #550 思いっきりヒマでござる

思いっきりヒマでござる。
一時は嵐に襲われていたような仕事ラッシュは、パタリと止んだ。やはり瞬間最大風速であった。
しかし、そんな仕事は経費も怒涛の如しだ。儲かるものではない。しかも月末だからってんで、帳簿をしめてみたら、この半年ちっとも儲かっちゃいなかったんだよ!クソッ!泣けてくるぜ。
さすがに、この現実には落胆した。仕方ない。金もない。で、今日も家に引きこもってプリントをしていた。余りの惨状に、プリントしていても何だか心が満たされず、焦燥感を感じるぜ。しかし、途中でやめるわけにはいかない。未だプリントされる日を待っているネガはゴマンとある。だから22枚、何とかプリントした。随分前から温存していた大阪での写真だ。最近お蔵入り寸前だった大阪の写真を、精力的にプリントしている。自分としてはここんところずっと、海外の写真が多かったんで、日本っぽい写真にちょっと飢えてましてね。日本の風景ってのは、まぁ、ちょっとカオスでしょう?何の調和もないし。人間の格好も、なんていうのか統一感がないし。なんだか、世界のどの場所よりも病んでるような空気感を感じてしまうぜ。清潔で、明るいが、それが故の病理というのか。そういえば金子光晴も『健康で 正しいことほど 人を無情にさせるものはない』みたいなことを、その詩の中で謳っていたっけな。
Osaka
ちなみに、俺は例の大阪の市長さんは、あまり好きではない。一見革新的なこと言ってるように見えながら、どうにも専制君主のように振る舞っておいでなのが鼻につく。
俺は権威権力を笠に着る人間や、自分の考える正しさを他人に押し付けるような輩が、生理的に嫌いなんだ。刺青やタトゥーは入れてないけどね。
まったく、大阪市民じゃなくってよかったぜ。
とはいえ、その市長さんをお選びになって、権力を与えたのは、大阪の市民の皆さんなんですがねぇ。きっと単に、なんや面白そうやんって、思ってるだけなんだろう。俺が知っている何人かの大阪人をおもえば、それは間違いないことのように思える。しかし、面白そうなだけで済めばいいんだがな・・・。
大阪は、今や夜中にクラブで踊ってるだけで、警察に検挙されるという困った街だ。大昔に作られた風営法に抵触するというのが検挙理由だそうだ。その反面、風営法の隙間を縫ったガールズバーは、カウンター一つ隔てているだけで、風営法のしばりなんか関係なく飲食店として扱われ、朝の5時まで営業していたり、朝の8時から営業していたりする。法律とはいえ、なかなかにおかしなものだ。悪法も法なりか・・・。さすが、弁護士出身の市長の施政は法令順守だな。
法律の為に人があるわけではなく、人のために法律があるんじゃないかと思うんですが、如何なもんでしょうかね。俺の感覚で言えば、昼日中から小娘相手に酒かっ喰らうなんて、人間としてゴメン蒙る。そこまでまだ腐っちゃいないと思ってるんだが、どうだろうか。
とはいえ、よい子の住んでる良い街なんて、写真に撮りたいとも思わないぜ。つまらないしな。水清くして魚住まずだ。

読者諸君、失礼する。明日も引き籠ってひたすらプリントだ。儲からない仕事をシコシコしてるくらいなら、家でプリントでもしてた方がマシさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿