2012/06/18

Post #568 TRANSIT #8

Helsinki
Helsinki
Helsinki
読者諸君、世の中下らない話ばかりだ。
写真とはカンケーないが、少しぼやかせてもらおう。
茶番劇のような政治の世界の話しは言うに及ばず、それを覆い隠すかのようなタイミングで、オウム事件の容疑者の逮捕劇。既にどんな犯罪も起こす能力の無い一人の中年男を追い詰めるのに、マスコミは大騒ぎだった。まるで、国民の目をそちらに向けておきたいかのように。
財界はかつての軍部のように露骨な圧力を政治に加えている。大多数の国民の声を、政治家は聞き入れることもしないか、自らの空疎なパフォーマンスに利用するだけだ。そんな政治家共には正直うんざりだ。逆境こそ、新しいイノベーションを興す契機となるはずなのに。
何も改革は決まらないのに、増税だけは粛々と決まっていく。民主党も自民党も、まるで兄弟のように同じようなことしか言っていない。しかも、彼らには将来を見据えた理念もなければ、政治を通じて正義を実現する意志のかけらもない。しかも、民主主義の名のもとにこのぼんくら連中を選んだのは、俺たち自身だというお粗末さだ。
もう14年もの間、毎年3万人以上の人々が、自ら命を絶っている。こんな世の中じゃ、希望が持てなくても仕方がないのかもしれない。挙句の果てには、死刑になりたいと言う理由で、縁もゆかりもない人を殺すバカまで出る始末。
世界に目を向ければ、シリアでは国民を守るべき軍隊が、自国民を虐殺し続けている。
世の中が悪くなっていく。悪無限だ。だが、俺は自分のことで手一杯だ。誰だって、そうだろう?一体どうすりゃいいんだ?

読者諸君、失礼する。希望は、いったいどこにあるんだ?

0 件のコメント:

コメントを投稿