2012/06/21

Post #571 TRANSIT #11

俺達がヘルシンキの夕刻のヘルシンキをぶらついたのは、ほんの2、3時間だろう。
けれど、その2、3時間は素敵な時間だった。何があったという訳でもないけれど。
堅実なヨーロッパ人、ヘルシンキの人々は俺が見たところ、それほど夜遊びしているわけでもなさそうだ。少なくとも、東京や大阪と比べるとね。すっかり陽も落ち、人々はバスや電車に乗り家路を辿る。
Helsinki
俺も、バスに乗り込みホテルへ戻った。原野の真っただ中のような幹線道路を辿り、ひっそりと静まり返った住宅街を抜けて、ホテルへと戻ったのさ。
Helsinki
その時、旅はまだ始まったばかりだったんだ。しかし、それも今は遠い。遠いったら遠い。また、次の旅を始めなけりゃな。とりあえず明日から、2週間ほど出張さ。
読者諸君、失礼する。

0 件のコメント:

コメントを投稿