2012/07/01

Post #581 眠りたいのに眠れない夜

仕事は激戦区を脱してきた。この土日はどうやら消化試合だ。流せるときは流しておこう。
早々に宿に引き上げ、シャワーを浴びて、夕食を喰いに街に出る。もうコンビニ弁当にも飽き飽きだが、脂ぎった料理にも食傷気味だ。まぁ、いずれも豚のえさに毛が生えたようなもんだ。贅沢を言っちゃいけない。駅ビルの中に讃岐うどんの店があった。これはイイ。俺の前にはヨーロッパ人のカップルが並んで『It's very cheep restaurant!』とか言って喜んでいる。財布にも優しいが、おなかにも優しそうだ。英語のできるおばさんが、注文を手伝ってくれている。俺はトッピングしたいなんら、そっちから選ぶんだよとか教えてあげた。
うどんを喰って満足した俺は、宿に戻るとうとうとと眠りにおちた。
しかし、その眠りはやがて覚まされることになる。
このホテルの地下一階はライブハウスかなんかなんだが、これが土曜の夜だってことで現在深夜2時過ぎだというのに、どんがらやっていやがる。音としては聞こえないようになってはいるが、どうにも鳴り響いているだろう低音が低周波になって、俺の敏感な感覚にガンガン響いてくる。
眠れぬ。
Osaka
こんな時はどうしたらいいんだろうねぇ。耳栓をしてみたが、耳で感じてるんじゃなくて、魚が側線で潮の流れを感じ取るように、身体の芯で感じているものなのでどうしようもない。すぐそばのセブンイレブンに行って、ビールでも買ってきて、かっ喰らって寝るか?それはいかん、明日の男の仕事に差し支える。痛風の発作も懸念されるぜ。
ここはひとつ、方向性を替えて無理に寝ようとせずに、夜の散歩でもしてみるかい?深夜徘徊の不審者として職質されてしまうか?それともいっそ、金は貯まってないが疲れは溜まったこの体で、乱入して、朝まで一緒になってはじけまくってくるか?
難しい問題だ・・・。明日も俺は朝早くから仕事だっていうのに・・・。

読者諸君、失礼する。一体ぜんたい、地下のどんちゃん騒ぎはいつまで続くのか?というかビジネスホテルの地下に、そんなものがあるのって、そもそもどうなのよ?俺はそこんところがヒジョーに疑問だぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿