2012/07/07

Post #587 帰郷 あるいは家庭円満の秘訣

土砂降りの雨の中、高速を駆け抜けて帰ってきた。
やれやれだ。とはいえまたもう一度、残工事で12日に箱根まで行かなけりゃならんのだけどね。
さて、こう見えて俺は家庭円満の秘訣を心得ている。出張したらお土産を買っていくことだ。今回は小田原名物鈴廣かまぼこ、一番安いので1本何と900円!俺が普段食っている1本98円のかまぼことは、えらい違いだ。しかし、高いだけあって、そのぶりぶりした歯ごたえがたまらないぜ。シリコンでも入ってるんじゃないかっていうくらいだ。
芍薬、俺の好きな花
それだけではない、わざわざ旧東海道に回り込んで、しゃれたバームクーヘンも買ってきた。ホールで1200円。先日、芦ノ湖にドライブに行った帰りに見かけてから、ずっと気になっていたんだ。箱根だからって、温泉まんじゅうばかりってのも、芸がないからな。
こんな時に、変な置物なんかを買ってくると、いつまでも残ってて、そのうちゴミになる。で、捨てる棄てないで言い争いなんかになったりすることもあり得る。要は不安要因だ。それならばやはり食べ物が一番だ。おいしいものを食べている時には、人はそんなに不幸な気分にはならないモノだからな。それになにより、あとはウンチになっておしまいだ。始末もいい。おいしかった記憶だけ残る。これも家庭円満の秘訣の一つだ。
しかし、やはり何と言っても家庭を円満に保っておく秘訣は、アレだ、意外なことに適度に家をあけることだ。いつもいつも顔を突き合わせていると、どんなに仲が良くてもストレスもたまるってもんだ。ストレスがたまると、些細なことで取り返しのつかない諍いになって、包丁で刺されたりすることだってあるだろう。恐ろしい世の中なのさ。
しかし、これもさじ加減が重要だ。俺の業界では、出張や単身赴任で家を空けすぎて、家庭が不仲になったり、離婚したりしたという話をよく聞くのさ。何事もバランス感覚が大切だってことだ。
しかし、3週間ぶりくらいに会った連れ合いは『私、あんたが家にいないのにすっかり慣れちゃった』とおっしゃっておいでだった。やれやれ・・・、苦笑いするしかないぜ。これが俺の人生だ。ロックンロールだ。
読者諸君、また会おう。

0 件のコメント:

コメントを投稿