2012/08/03

Post #603 やってられない夜もある

俺だって、こう見えて常識的な社会人として各方面にご厄介になっているので、時にはクソミソにけなされても、ぐっとこらえていなければならない時もある。内心には、やってられっかよ、バカ野郎!と思いながらも、それをやっちまったらおしまいなのだ。
今夜もそんな夜だった。
Osaka
そんな時、どうするのか?
酒でも飲んでふて寝したいが、痛風持ちの俺としては、それは避けたい。あれは痛いからな。もちろん、酒をかっ喰らっても、問題は解決しない。
ゆっくり風呂に浸かってリラックスしよう。もちろん、それで問題が解決するわけではないが、心身がリラックスするのは悪いことじゃない。少なくとも、どこかで切れて関係者一同をまとめて虐殺してしまったりするよりは、ずっと建設的だ。内心は虐殺とまではいかなくても、俺の知ったことかって、ほっぽり出したい程度なんなだが・・・、さすがにそれじゃオマンマの食い上げだ。
今夜もそんな夜だった。
むっとして、うんざりし、疲れ果てて帰ってきた。で、風呂に入ってゆっくりしたんだが・・・、気が付けば真夜中も真夜中だ。驚くぜ、ざっと4時間も風呂に入っていた計算だ。

読者諸君、失礼する。俺は眠るぜ。明日も朝早い。寝言は寝て言うに限るぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿