2012/09/02

Post #615 かつて、ある日曜日に

かつて、香港に旅行した時のことだ。
ある日曜日、九龍半島の觀塘の碼頭からフェリーに乗って香港島にわたった。
そこはどこかうらぶれた港町だった。地下鉄を降りて、碼頭までの道すがら、人の姿を見ることも少なく、港湾エリアによく見られるような倉庫が立ち並ぶ、どこか殺風景な港町だった。
フェリーに乗り込むと、乗客もまばらだった。俺はいかにも遠くまで旅に来たという思いに満足していたんだ。
フェリーは觀塘と北角を結ぶ。この北角の碼頭を降りると、そこには海港道という庶民の市場があるはずだった。俺はそれを見にゆくつもりだったのだ。
しかし、田舎くさい港を降りるとそこには、多くの女性が集まっていた。
NorthPoint,HongKong
中華系の人々ではない。南方の人々だ。なかには頭にスカーフを巻いている人もいる。イスラム教徒だろう。すべて女性ばかり。聞きなれない言葉で世間話に興じているのだ。コンクリートの打ちっぱなしの床に敷物を広げ、弁当のようなものを囲んで、数人のグループに分かれてお喋りを繰り広げている。きっと、出身地が同じ者同士が寄り集まり、親類縁者の話題に花を咲かせているに違いない。その声は、まるで無数の鳥がさえずっているようだった。
遠景に強い日差しにさらされた香港島の中心街にそびえるビル街が見える。しかし、ココはまるで別世界だ。東南アジアそのものだ。
NorthPoint,HongKong
俺はこの風景を目にしたとき、いったい何が起こったのかよくわからなかったが、その日が日曜日だったことに気が付いて腑に落ちた。
出稼ぎメイドに来ているインドネシアの女性たちが、日曜日に休みをもらい、ココに集まってきて、同郷の仲間たちとひと時の歓談を楽しんでいるのだと。
それは、どこかさびしくもあり、それでいて心温まるような風景だった。今日も北角碼頭には、何百人ものインドネシア人の女性たちが集まり、にこやかな笑みを浮かべ、故郷の言葉でさえずるように話し合っていることだろう。
ふと、出張先の港町で、そんな過ぎたある日曜日の風景を思い出したんだ。それだけのことさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿