2012/09/04

Post #617 自画自賛、そして俺の好きなトーン

Bruxelles
かつての森山大道や中藤毅彦のような、増感してざらりと荒れたような粒子感のある写真が好きだった。いや、今でも好きだ。どこか絵画のようですらあるそんな銀塩写真に憧れていた。
随分長いこと写真をやってきたが、結局そういう写真のトーンを自分のものにすることはできなかった。それは自分の技量の無さもあるし、自分の臆病さからきているのかもしれない。
その代りに、硬調でぬっぺりと黒がのっている写真が自分のスタイルになったんじゃないかなって思う。仕方ない。俺は森山大道の映画『≒森山大道』を見て、プリントのやり方を学んだというくらいテキトーな男なんだ。
それが結果的に、好むと好まざるとに関わらず、自分のスタイル、自分のトーンになってしまったという訳だ。
おかげさんで、最近のデジカメについている、アートモノクロモードみたいな、やたらとざらりとした写真とは、少し方向性が違うわけで、今思えばよかったんじゃないかなと思う。
俺の写真を特徴づけるものがあるとしたら、俺はこのシングルグレード印画紙4号を使い、黒っぽく焼きこんだトーンに最大の特徴があると思う。
たまに反動のように白っぽいハイキーなものも出現するが、先日も言ったようにそれはそれで好きだ。矛盾しているようだが、黒と白の両極端に振幅のデカいカンジこそが、如何にも自分らしくて好感が持てる。
両極端を抑えていれば、その中間のどこかにあるはずの中庸もしっかりそこに内包されているはずだからな。もし自分に偏ったところがあると思うなら、真逆のことをやってみればいい。周囲はあきれてあいつは両極端でよくわからないというかもしれないが、自分の中ではバランスを取ることができるだろう。
俺はそれをロックから、もっと端的に言うとThe Whoから教わった。繊細さと凶暴さ、知性と暴力性、そんな正反対のものが奏でるハーモニーちゅうやつを。余談ながらね。
俺の写真を特徴づけるモノの中には、もちろん、トーン以外にも被写体との距離感や適当なフレーミングちゅうのもあるだろう。けれど、やはり自分の写真の特徴は、このぬめっと黒っぽいトーンだと思う。
このブログを読んでくれている人の中には、俺の写真が好きだという人もいるかもしれない。(もちろん、いてくれると有難いが。)けど、一番俺の写真を好きだってのは、間違いなく俺だと思うよ。言うたらまぁ、自画自賛ってところだな。

読者諸君、失礼する。今日は仕事の最終決戦、いうたらハルマゲドンか関ヶ原みたいな日だからね。しっかり眠っておかないとね。夜中に後味の悪い夢を見て目を覚ましたからって、こんなことばかりやっていてはいけない。人間、深い休息が無ければ、フルで活動することなんてできはしないんだ。もう一度言おう、失礼する。

4 件のコメント:

  1. photographの佐藤です。今回のsparksさんの投稿が何か僕がずっと思っていたことだったのでコメントしたくなってしまいました。僕もsparksさんの写真の特徴は1600とか3200とかに増感しないでそのままキタムラですかね?に現像にだしてプリントしているところにあると思っていました。(増感してたら勘違いです、すみません)増感するとピントもシャープにくるしザラっとした質感もいいんですが、ヌメっとした湿っぽい白黒にはなりませんよね。ピントが少し甘い写真があったり、ヌメっと色っぽい黒が特徴だよなあ、と勝手に偉そうに思っていました。僕はスーパープレストがなくなってデジタルでやっていますが、例えば好きな女の子を撮るときはフィルムだよなあとか思います。印画紙もフィルムもなくなるばかりで、デジタルに比べると費用も格段に高くなるフィルムへのsparksさんのこだわりは真似できません。

    返信削除
  2. いやぁ、佐藤さんには隠し事はできませんなぁ(笑)。お察しの通り、ぜんぜん増感してません。自分でフィルム現像できるほど時間もないし、増感依頼すると割高だし、増感してフィルムがまっくろになると、焼くのにもけっこう時間かかるし、さまざまな下部構造によって、上部構造が決定されております。 マルクスの言うとおりですねぇ。
    まぁ、そういうことも含めて自分の写真の被写体として受け止めて、その上でどう自分のテイストで料理するかちゅうことにしてるんですが、ヘボなコックと同じで、味付けはいつも一緒って結果になっております。まるで豚骨醤油ラーメンしかメニューにないラーメン屋のオヤジみたいなもんです。
    まぁ、それが自分を含めて一部の方にとっての魔性の味わいなら、オッケーだと思ってるわけです。

    返信削除
  3. なんか偉そうなコメントしてすみません。増感現像頼むと割高って本当ですよね。僕はヨドバシに頼んだ時、割高すぎてびびってやめました。横浜のダークルームという貸し暗室でフィルムが溜まったら自分で現像していました。あと、単純に僕はsparksさんの写真と文章が好きなのでこれからもブログを楽しみにしています。

    返信削除
  4. 佐藤さん、ありがとうございます。
    今日、先日の旅行のネガをとってきました。二万円オーバーで、さすがにカードではらいました。厳しい出費です。これでまた、気のすすまない仕事もやらざるをえんというものです。できるだけ暇なときにはプリントして、佐藤さんはじめ皆様のご高覧を賜りたく想っておりますがらなかなか時間も思うようになりません。けど、どうぞ楽しみにしていてください。きっと楽しんで頂ける写真をお送りします。御機嫌よう!

    返信削除