2012/09/06

Post #619 久々の休日

Paris
昨日の夜遅く、出張から帰ってきて、今日は久々の休日だった。うちのつれあいも会社を休んだので、およそ2週間ぶりにゆったり暮らしたんだ。そう、美術館にいってみたり、買い物をしてみたりしてね。俺は、先日の旅行でしこたま撮ってきたフィルムを行きつけのカメラ屋に撮りに行った。
モノクロ31本、リバーサル4本で〆て2万円ほど。痛い出費だ。しかし、これをデジカメに置き換えるわけにはいかない。俺としては、デジタルの写真とフィルムからプリントした写真は全くの別物なんだ。こだわりってのがあるということだ。こだわりこそ、人生に奥行をもたらすんだ。こだわりの無い人生なんて、去勢された馬のようなものさ。物足りないったらありゃしないぜ。
他にも、パイプ煙草の葉、CDなんかを買ってしまった。いろいろと物入りだ。こだわりの人生も楽じゃないぜ。
そうこうしていると、いつもブログにいちゃもん同様のコメントを送りつけてくる知人から、不愉快な内容文面のメールが送りつけられてくる。昨日の投稿が気に入らなかったようだ。
不快だ。速攻スパムにして処理する。
すると、こいつは俺の痴人、いや知人なんで、俺のケータイに言いたい放題メールを送りつけてくる。昨日の外国人街の話しが心底気に入らなかったようだ。
日本は鎖国すべきだとか時代錯誤も甚だしいことを言っている。適当にイナしておくと、竹島や尖閣諸島の話しを持ち出して来て、中国や韓国とは国交断絶、開戦しかないとか鼻息の荒いことを垂れ流す始末。しかしながら、果たして彼は戦争になった時、自分が最前線で戦うという覚悟があるのだろうか?そんな覚悟もなく、そんなことを言うもんではないだろう。毅然として振る舞っていればいいだけのことだ。感情的になっても、何も解決はしない。それが世の中だ。
しかも、挙句の果てには、政治関係の話題を街角ブログ(なんだそれ?)で扱うのはやめろと、貴重なご意見を賜る羽目になった。
俺は、憲法で保障されている俺の言論の自由を行使しているだけだ。
彼にとやかく言われる筋合いはない。俺は俺の自由(な発言や思考)を妨げようとする人間には、絶対に妥協したくないと思っている。幸い、今の日本では、言いたい事を言ったからといって、特高警察に逮捕され、拷問の挙句に、秘密裏に殺害されることもない。しかし、かつては本当にそんな暗黒の時代がこの日本にもあったのだ。その人々の犠牲のもとに成り立っている言論の自由だ。大切に護らせて頂くぜ。脅しのようなものに屈するわけにはいかない。男がすたるわ。
真っ当な見識を持った人間なら、時に政治的な見解を披歴することも当然のことだと思っている。それが気に入らなければ、俺のブログにアクセスしてくれなくて、一向に構わない。
言いたいことも言えないようなブログなら、さっさとやめてしまおうか。しかし、俺はやめる気はサラサラない。こんな目にあえばあうほど、やる気が湧き上がってくる。知力、体力、能力、識見、それら全てを総動員して俺に挑んでくるがいいと思う。戦闘的な受動性が俺には備わっているのだ。

きっと、こんな手合いの人間が先の大戦の時も、日本は東洋の盟主だ、鬼畜米英をアジアから叩きだして大東亜共栄圏を確立しろという、勝算も出口戦略もない無謀極る軍部の愚行に拍手喝采し、自分たちと意見の異なる者を非国民扱いしたのだろうと思うと虫唾が走る。そして、天皇陛下万歳と唱えて、自分の隣人友人が戦場に送り込まれることを喜び、自分が戦場に行かずに済んだことを、内心で喜んでいたんだろう。
俺は、子供の頃から毎晩のように、今年92歳になる祖母から、戦争によってどれだけ多くの人々が不幸になったか聞かされて育った。
軍人が威張り散らし、言いたいことも言えない嫌な時代だったと、繰り返し聞かされてきた。
戦争に負けて、そんな時代が終わったことがどれほど嬉しかったか、まだ小学生になるかならないかの頃から聞かされて育った。
戦争は人間を不幸にしかしない、それは俺の骨身にしみている。
俺の祖父は、大陸で日本軍の軍馬に与える飼料を扱っていた。戦争商人だったのだ。その屋敷には、当時2000人もの中国人の労働者が住んでいたという。祖父は、中国人に対して傲慢にふるまうことなく、中国人たちとも仲良くやっていた。祖母は、日本の息苦しい雰囲気を嫌い、中国に職を求め、そこで妻と死に別れていた祖父と出会い結婚したという。
戦争が終わった時、祖父母は中国の友人たちから、中国に留まって暮らしていくことも打診されたという。しかし、祖父母は幼い子供たちを連れて、必死の思いで日本に引き揚げてきた。
その後の生活は苦しかったが、祖父は残された子供たちだけが自分たちの宝だと言って、中国で築いた財産や広大な屋敷などには何の未練も示さなかったという。祖父は、貧しいながらも潔癖に暮らし、自分よりも困窮しているニンゲンには惜しみなく金品を与えるような人だった。きっと戦争体験によって、自分の中の基準が大きく変わってしまったのだろう。祖母は、そんなお人よしの祖父に呆れながらも、行商や手内職をして家計を支え、6人の子供を育て上げた。
俺は、そんな祖父や祖母を誇りに思っているんだ。
中国や韓国の人々といがみ合っても、何も解決しない。
問題があった時、感情的になってしまっては、問題の解決はできない。
毅然とした態度で根気よく話し合いを重ねて、お互いが納得したり我慢したりできる妥協点を見い出し、解決を図ってゆくべきなのだ。イタズラに相手に対する憎しみをあおり、過激な行動に拍手喝采し、戦争によって問題を解決しようと考えるなど、愚の骨頂だ。
俺は、人類の歴史の向かう必然として、今日の民族国家という段階はあくまで過渡的なモノであり、いつの日か国家はその役割を終え、世界は大きなブロックに統合され、最終的には地球単位の政府のようなものが出現するだろうと確信している。
それはもちろん、俺達の生きている時代のことではなく、千年単位の未来のこととなるだろう。俺はいつだって、そのはるかな射程を持つ夢のような理想を踏まえて、言いたいことを言っている。近視眼的に言っているのではないのだ。ジョン・レノン先生も言っている。夢かもしれない、その夢を見てるのは君ひとりじゃないと。

そんなメールが来たことによって、俺の貴重な休日は、どこか後味の悪いものになってしまった。
まったくもって、世の中上手くいかないものだ。戦争しても意味ないぜ。
読者諸君、失礼する。

0 件のコメント:

コメントを投稿