2012/09/14

Post #625 つれあいに写真集を買ってきた

Paris
今日もまた、どうってことの無い一日が過ぎてしまった。俺の人生は有限だというのに、もったいないことだ。
それどころか、明日からの3連休、毎晩仕事。それどころか、今月の20日から2か月ほど毎日休みなく仕事が続くときたもんだ。それが終わるまでは、プリントなんてできそうにない。つまらないぜ。生きるために働き、働くことで人生が空虚になってしまうようでは、本末転倒ではないかね?
そんなどってことない一日にも関わらず、仕事の合間にふと、愛知県美術館の地下にあるNADIFFに立ち寄り、野口里佳の写真集『光は未来に届く』を買うてきた。お値段2500円+TAX。ただし、俺の趣味ではない。うちの連れ合いが野口里佳の写真が大好きなのだ。
野口里佳は、ほんの数冊しか写真集を出していない。それもごくマイナーなところからしか出していないし、部数限定だったりするんで、一般的にはあまり知られていない写真家だ。現在はベルリンに住んでいるということもあってか、蜷川美香のようには幅広く認知されてはいない。もっとも、世間一般的に言って、写真家なんてそんなにユーメーなモノじゃないだろう。
写真なんていまさら、どこにでも転がっているしね。そんなもんさ。

野木里佳の写真は、余り鮮やかではない落ち着いた色調のネガカラーで、どこか空虚な空間を感じさせるモノが多いように思う。空間の捉え方が独特だなぁ、と思う。余白の美という奴か。
また、物事の捉え方が、どこかフツーとはずれているようで、これも写真に独特の味わいを感じさせる。一言で言えば、けっこう渋い写真だ。野口里佳の写真は、いくぶん控えめでありながら、カッコたる独自の視線と感覚を感じさせるのだ。
『鳥を見る』『砂漠で』『太陽』などの写真集を出している。うちの連れ合いがかなり好きな写真家なので、それらはすべてウチにある。
写真の面白さを知るうえで、今時のPENガールなんかにも、彼女の写真を見て欲しいとは思うが、その手の女の子たちはそんな写真を撮ってみたいなんて思っていないかもしれない。

野口里佳は1971年生まれ。俺よりちょいと若い。しかし、宇宙の雄大な時間スケールからすれば、まぁ同世代だ。同世代というなら、1970年生まれの中藤毅彦のほうが俺の好みだ。彼はコンタックスG2の使い手だしね。
この写真集は今年、IZU PHOTO MUSEUMで行われた個展をまとめたもののようで、彼女のキャリアを俯瞰するには、少々枚数的に物足りない気もするが、今のところもってこいのモノだろう。
興味のある方はご覧になってはいかがかな。
まぁ、今日はどうってこともない一日だったので、こんなところで。明日は朝から晩までみっちりと仕事が詰まっていて、いろいろと忙しい。失礼させてもらうぜ。 

0 件のコメント:

コメントを投稿