2012/09/19

Post #630 タブレットを買ってみたんだ

HomeTown
仕事柄、図面の束を持ち歩いている。そして、いつもどこかに置き忘れたりして、探し回っている。
同級生の眼科医野村君に老眼+1と診断されただけあって、細かい字は見づらくなってきた。昼なお暗い現場ではなおさらだ。
そこで、タブレット端末を購入してみた。俺は写真は頑なにアナログだけれど、こう見えて結構新しいモノ好きなんだぜ。流行に取り残されることと、確固たる自分のスタイルを持つことは同じではないということだ。写真はあくまで俺のスタイルとしてやっていることで、新しいモノが大好きなんだ。なんだかワクワクするじゃないか。
しかし、自分の趣味にうるさい俺のことだ、もちろんのこと世間で大流行のipadではない。ipadなど、俺が買わずとも、石を投げればipadにあたるというものだ。それは俺以外の皆さんにお任せしておこう。
なにしろ俺は長らくビートルズは聴かなかった男なんだ。それについては、いささか後悔しているがね。何といっても俺はいつでも反主流派だ、独立左翼だ。それに俺は右翼ではないが、日本企業の製品を買うことで、その企業の売り上げが上がり、借金まみれの国庫に税金を払ってもらうのが好きだからな。
俺が買ったのは先日発売されたばかりのSONY エクスぺリア・タブだ。一丁奮発して、メモリー64GBモデルだ。かなりの覚悟をして手に入れたってことだ。
いつも金がないと愚痴っているが、それくらいの金はある。必要経費という奴だ。経費も使っておかないと、俺のような弱小零細企業は、税金でケツの毛までむしられてしまうんだ。それは勘弁して欲しーもんだ。かわりにデカい会社にしっかり払ってもらいたい。
それはそうと、やはりこれは便利だ。たまらないぜ、PDF図面をぐいぐい大きく拡大してくれる。もう老眼なんて怖くないぜ。これが21世紀って奴か。
画面はぬるっと動く。それが嫌いな人には我慢できないだろう。俺は嫌いじゃないがね。
これでもう指に唾をつけて、図面の束をめくるのは卒業だ。なにしろアレはみっともないぜ、女の子には見せたくない姿だ。なぁに、俺は心と指先の乾いた中年なんでね。仕方ないだろう。
そういえば、随分前、名古屋駅前のジュンク堂書店の写真集コーナーで、如何にも会社の課長みたいなオヤジが、立ち読みしている写真集のページをめくる度に、指に唾をつけていたのを見て、とても嫌な気分になったのを思い出したぜ。もちろん、俺はどんなに素敵な写真集でも、どっかのオヤジのつばのついているような写真集はゴメンだぜ。当たり前だろう?
俺はあまりに不愉快だったから、『あんた、指に唾をつけてめくるんだったら、当然その本買うんだよなぁ』って、いささか不快感の混じったどすの利いた声で言ってやったんだ。そしたらおっさん、顔色を変えてその本をレジに持っていったもんだ。君たちも、そんな非常識な振る舞いをしているくせに、会社では常識人ぶってふんぞり返っているような阿呆には容赦なく鉄槌を下してやろう。その手の人間は、大抵人を見かけで判断するような手合いだと思うぜ。
またまた脱線だ。
まぁいい、今日はこんなところにしておこう。
明日も朝早いんだ。読者諸君、失礼する。

0 件のコメント:

コメントを投稿