2012/10/10

Post #645 今夜も君に写真を送ろう

Osaka
眠くて倒れそうだ。芸術の秋だというのに、食欲の秋だというのに、俺は最低のモノを給油するようにかきこんで、がむしゃらに働いている。そんな状況の中、今夜も君に写真を送ろう。

あぁ、こんな過ごしやすい季節にこそ、写真を撮りに街に繰り出したいな。

クールに決めて、右手には拳銃を握るようにして、コンタックスをホールドし、街を吹き抜ける風にしか見ることが出来ないような写真を軽やかに撮るのさ、Yeah!

しかし、今の俺にはちょいと難しいねぇ。たまらないぜ、人生が台無しさ。無頼に生きてゆくのも楽じゃないってことさ。
読者諸君、失礼する。俺ってば、へとへとなのさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿