2012/11/18

Post #660 どっこい生きてる

Paris
余りに長いこと更新していなかったので、死んだんじゃないかと思われていたかもしれない。しかし、かろうじて生きている俺さ。どうも、ご無沙汰してます。疲労が募り抵抗力が低下し、性質の悪い風邪をひいてて、もうフラフラだ。声だって、かすれて出なくなったくらいだ。ヴォーカリストじゃなくってよかったぜ。しかし、そんな有様でも仕事は休めない。どうなってるんだ一体?これじゃ死んだって不思議じゃないぜ。
けど、実際に死んだのは桑名正博や森光子、ついでに政治評論家の三宅さんなどで、俺じゃない。あと、現場で落っことした俺のデジカメだ。そう、インドネシアで先代のデジカメを落っことして壊してしまったんで、8月に買い替えたばかりのデジカメを、落として壊してしまった。たまらないぜ。
今回の仕事は、心身ともにヘヴィーだった。過労死という言葉が何度も脳裏をかすめたほどだ。車の運転をしていて、ガードレールに突っ込みそうになったことなど日常茶飯事だった。冗談じゃない。この程度のことで死んでたまるかってんだ。
いつも思うのだけれど、本当に死んでしまったら、どうやって読者諸君にお別れしたものか、考え込んでしまう。家人に頼んでおくべきだろうか?悩ましい問題だ。しかし、人間いつ死ぬのかなんてまったく分からないものだ。一期一会、毎度まいどの更新を、人生最後のモノとしてもいいようにしておかねばならんな。
最後の言葉は決めてあるんだけどね。せっかくだ、一応ここに書いておくとするか。
『地球の皆さん、さようなら』だ。

武士道のバイブルみたいに扱われてる葉隠なんかには『武士道とは死ぬことと見つけたり』とある。昔の侍のなかには、朝起きた瞬間に、自分が死ぬことをシュミレーションして、毎朝ヴァーチャルに死んでから一日の活動を始めたような強者もいたそうだ。死人だから、腹を切れと命じられれば、直ぐに切腹できたし、真剣での命のやり取りに躊躇なく飛び込むことができたわけだ。
俺も現場で、仲のイイ職人さんが『監督、しんどくって、もう死にそうだよ』というたびに、『一度死ねばいいぜ!そうしたら二度とは死なん。いくらでもマシンのように働けるぞ!』と冗談とも本気ともつかないことを言ってやったものだ。これは葉隠精神に由来してるんだがな、その辺のブラックユーモアが君にもわかってほしいぜ。どちらかと言えば、ゾンビみたいな気もするがね。

読者諸君、今日はこんな程度で失礼する。まだ体調は本調子じゃない。しかも、今月一杯はまだまだクソ忙しい俺なのさ。まったく、暗室にこもって、現像液のムカつくにおいが体に染み込むほどにプリントしたいもんだよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿