2012/11/19

Post #661 Israel Stop Strike Gaza!

HomeTown
俺が現場でヒーヒー言ってる隙を見計らって、イスラエルはガザ自治区に空爆を始めた。死者はすでに90人を越えているそうだ。このままいけば空爆や艦砲射撃に止まらず、地上戦にもなりうる恐れがあると報道されている。実際に地上戦に突入したらガザを支配しているハマスを支援しているイランとの戦争になるのではと危惧されている。そうなったら中東はひっちゃかめっちゃかだ。
俺が現場でのたうちまわっている間に、世界はこれだ。まいったなぁ。
ガザでは2002年にもイスラエルの攻撃によって1000人近い住民が亡くなっている。
2008年から2009年にかけての攻撃では、1300人に上る人びとが殺されている。犠牲者の大半は一般市民で、おまけに3分の1は未成年の子供たちだった。住民への無差別攻撃が行われたんだ。酷いもんだ。ちなみにこの時のイスラエル側の死者はたったの13人。どれだけ非対称な戦闘、つまり一方的な攻撃だったかがわかるというもんだ。今回もきっと、もっとひどいことになるに違いない。
俺はいつも不思議に思う。
どうして、ヒットラー率いる第三帝国ドイツ人によって、民族浄化、つまり民族を根こそぎ滅ぼしてしまいそうな弾圧・虐殺を受けたユダヤ人=イスラエル人が、他の民族、おもにパレスチナに住むアラブ人に対して、永年にわたって酷い仕打ちを続け、一般市民まで巻き込んで軍事行動を行い、自分たち以外の民族を苦しめ続けるのか?かつて自分が酷い目にあったからと言って、今、他者を傷つけることを正当化するのは、理解に苦しむというもんだ。
信じる神が違ったとしても、同じ人間であるには変わりはないはずだ。空爆した先にいるのは、自分たちと同じように、赤い血が流れ、家族をいとおしむ人々なんだぜ。たとえそれがハマスの構成員だったとしても。いや、そもそも家族を虫けらのように殺されれば、俺だって徹底的に抵抗するだろう。
平和ボケしていると言われても構わないが、よく言われることだけど、戦争や虐殺では物事は解決しない。それで解決するときは、自分以外の他者を完全に殺しつくした時だけで、そんな世界には何の未来もない。他者を攻撃するのはたやすい。しかし、辛抱強く話し合い、妥協点を見い出し、憎しみの連鎖を断ち切ることにこそ、本当に勇気と知恵が必要だ。
あえて、市井の無頼漢ながら言わせて頂く。
イスラエルは、直ぐにガザに対する攻撃をやめるべきだ。

それはそうと、世界の主要国の外相や国連事務総長などが、続々とイスラエルに押しかけ、地上侵攻を思いとどまるように説得していたり、説得してゆく予定だそうだ。ひるがえって、我が国のドメスティックきわまる政治家どもの振る舞いを見ていると、世界的な見識もなく、理念もなく、ただ権力の掌握と自らの保身だけしか頭にないとしか思えない。日本以外の国は、アメリカと中国と、韓国と北朝鮮しかないとでも思っているんだろうか。視野が狭すぎる。見識が無さすぎる。
旅に出れば、日本人が世界の人々から尊敬されているのがわかる。そして今日までの中東の歴史に、とりたてて深く関わっていない日本こそ、和平に関してもっと積極的に動くべきだと俺は思うぜ。まぁ、なんでも事なかれ主義の我が国の政治家・官僚の皆さんに、そんな決心が出来るとも思えないがね。俺はそんな日本人であることが、時々恥ずかしくなってくるのさ。
読者諸君、失礼する。自分がされて嫌なことは、他人にはしないことだ。それが個人レベルでも、国家レベル、民族レベルの話しでもね。

0 件のコメント:

コメントを投稿