2012/12/11

Post #665 外は雪、思いは赤道直下を駆け巡る

HomeTown
ヒマになってきたと思いきや、様々な雑事に忙殺されてなかなかプリントできない。先日は出先で車でオカマを掘ってしまったしね。保険屋から次々と電話がかかってくるのさ。請求書や帳簿も作らねばならないしね。ぽつぽつと仕事も入ってくる。忘年会のお誘いだってむげにはできない。その辺のことをきっちり押さえておかないと、プリントどころじゃない。夜逃げする羽目になってしまう。まぁ、そうなったら20世紀のスナフキンに逆戻りか。それもまた悪くないか?
俺はそんな間隙を縫ってプリントしていかねばならない。俺がこの糞ったれな世界で死なないでいる理由のひとつが、まだプリントしてないネガが腐るほどあるってことだからだ。もっと言うと、まだ見たことの無い世界が、この地球上のほとんどを占めているってことだ。えらいことだ。遠大な野望だ。馬鹿は死ぬまで治らないとはこのことだ。
プリントをするためには、まずはネガをじっくりとみて、プリントするカットを選ばねばならない。俺は昨日の夜、帳簿の整理を済ませてから、夏のインドネシアやシンガポールのネガを見ていた。
外は雪だ。例年より2週間早い。タバコを吹かすために窓を開けると、強烈な冷気が吹き込んでくる。たまらないぜ。けれど、俺の頭の中は、熱帯も熱帯だ。赤道直下だ。
男たちは、強い日差しを避けるようにして、椅子に身を沈めている。女たちは頭の上に荷物を載せ、民族衣装を着てかいがいしく働いている。異形の神々を象った石像が、目をむいて空をにらんでいる。子供たちは、はだしで駆け回り、時にじっとこちらを見ている。そして、かつて人々共に海を渡ってきた犬たちは、繋がれることもなく自由に路地を行きかい、まただらしなく寝そべっている。
人々の暮らしが、路上に溢れている。そして何より、強い光が強烈なコントラストを織り成していている。
俺の頭の中は、今は遠いバリ島を、ジョグジャカルタを、シンガポールを彷徨う。
君たちに見せてあげたい。俺の見てきたものを。
俺はこうしてはいられない。寒さをモノともせず、寸暇を縫ってプリントしなければ。
そして何より、君たちに届けたい。
デジタルではダメなんだ。俺の写真って感じがしない。便利なのはわかってる。仕事ではガンガン活用してる。俺はこう見えて結構最先端なものが好きなんだ。けれど、俺の肉体を通じて描き出された光画=写真じゃなけりゃ、俺の写真にはなりはしない。なにより俺は音楽や本だって、データだけじゃ不満なんだ。物欲が強いのかもしれない。第一、写真もデータだけじゃ電気が無けりゃ見ることもできないだろう。
アラーキーも言っている。写真は指想=思想だと。
指を動かし手を使わねばならないんだ。時代遅れだとわかっちゃいても、俺は好きでやってるんだ。それで誰かから金をもらってるわけじゃないんだからな。とことん自分の納得するようにやらせてもらうぜ。俺の人生だからな。
くぅ~、こうしちゃいられない。さっそくプリントしたいが、今日もこれから仕事で静岡まで行かねばならないんだ。まったく、まいったなぁ。けど、この辺をきっちりやっとかないと、フィルムも印画紙も替えなけりゃ、旅行にも行けないってことだからね。もどかしいったらありゃしないぜ。
読者諸君、また会おう。 

0 件のコメント:

コメントを投稿