2012/12/23

Post #675 Little India,Singapore

little India,Singapore
今日は天皇誕生日だ。このところ、右傾化が世界中から危惧されている日本の一大衆として、非国民扱いされる前に言っておこう。
『陛下、お誕生日おめでとうございます。』
無頼派作家・太宰治の小説に、現在の天皇陛下がお生まれになった日のことを記した身辺雑記とも一種の自伝小説とも取れる短編があったように記憶している。俺が読んだのはもう25年以上前のことだから、詳しいことは覚えちゃいない。タイトルすら思い出せない。でも、だからどうだってんだ?そんな細かいこと、構わないだろう?
女と心中未遂したり、大学を放校処分になったりなんかしてゴタゴタダラダラくすぶっていた太宰のもとに、年の離れた兄が上京してくるわけだ。
この兄は父の後をついで、津軽の大地主で『殿様』とまで称された津島家、つまり太宰の実家で、貴族院議員の父の後をついで家長となった人物だ。当然、人望も厚ければ優秀で誰からも尊敬されるような人物だ。末っ子で幼少のころから余計者意識を持って育った太宰(=つまり津島修治)が頭の上がるような相手ではない。今日のような家庭崩壊しているのがフツーな時代じゃない。家父長制全盛の時代だ。
で、下宿の部屋から兄によって外に連れ出された太宰は、いろいろと厳しい事を言われて、居心地が悪く、また申し訳ない思いで気が滅入ってしまう。
おりしも季節は冬。ただでさえ気分が沈みがちな季節に、年の離れた畏敬している兄から説教を喰らうのは、なかなか堪えるもんだろう。
で、重苦しい雰囲気にいたたまれなくなった時、街に皇太子(つまり今日の天皇陛下その人だ)の誕生が伝えられる。人びとは提灯に灯をともし、喜色満面といった表情で皇太子の誕生を喜んでいる。そして、太宰の兄その人も、今の今まで太宰に対して小言を言ったり詰問したりしたのにもかかわらず、大喜びで太宰を抱きしめて『これで日本も大丈夫だ』なんてはしゃぎだし、太宰は針のむしろ状態から救われ、兄とともに皇太子の誕生を祝うという話だった、と思う。
その短編のタイトルも忘れてしまったし、本棚を漁って新潮文庫でコンプリートした太宰治の作品をあたって確認する気もない。ただ、そんな話があったってのを思い出しただけだ。だからどうしたってことさ。
日本の文化の根底には、天皇制がしっかりと根を張っている。それは、俺たち日本人の無意識の領域に、抜きがたくわだかまっている。
一言で言ってしまえば、天皇制の本質はダライラマなんかと同じよう生神様信仰だ。これは世界中に存在する。しかし、近代国家と生神様信仰が結合しているのは、この日本くらいしか思い浮かばない。その意味でも、日本はどこか一風変わった国だと言えるだろう。昭和天皇が亡くなった時のことを今でも俺は覚えている。俺も、天皇制が文化として骨身に染み込んでいる日本人の一人だと、そんなことを想いながら痛感するわけだ。
さて、俺は、日本の右傾化を一番憂慮しているのは、陛下ご自身なのではと、勝手に推測している。その一方で、天皇陛下に対する畏敬の念を伴わない国家主義的言動は、単なる排外主義にしか見えなくて、見苦しいと俺は感じている。

読者諸君、失礼する。で、明日はクリスマスイブか。この時期はやっぱり忙しいもんだな。

0 件のコメント:

コメントを投稿