2013/01/20

Post #703 Man,Woman and chair

Singapole
今日は日曜日なので、仕事はない。しかし、家に帰ることもできないんだ。家に帰るよりも、ホテルに泊まっていた方が安上がりなんだ。おかしなものさ。
いろいろと溜まっている事務仕事を片付けたいもんだが、ココは自分の家じゃない。ビジネスホテルだ。10時から15時の間には、ベッドメーキングやら掃除やらで落ち着かないだろう。
俺は、ホテルを出て、すぐそばの港に行き、水上バスに乗って海の散歩を楽しんできたのさ。
清水~日出町までおよそ20分、250円。乗客は俺だけ。貸切だ。素晴らしい。
遠くに富士山が見える。三保の松原と思しきものも見えるではないか。この手の風景は、非常に強い磁力を持っている。俺はその磁力に逆らって、そういった風景を極力撮らないように心掛けているんだ。
しかし、天気もいいし、風もない。最高だ。俺は、飛行機も好きだが、船も大好きなんだ。しかも250円で貸切クルージングとは!君も一緒ならよかったのに、残念だよ、残念きわまる。
インダストリアルな工場や、フォトジェニックな造船所のクレーンなんかを俺はビシバシと撮りまくった。
そして、船を降りた俺は、ちびまる子ちゃんでおなじみの巴川沿いに歩き続け、写真を撮り続けた。
こうして、みしらぬ街が、身体に刻み込まれてゆく。
ずっと歩いていると、指先が冷えてきて、もう8年ほど前に、丸鋸で切り落しかけた左手の人差し指の先が、痺れてくる。構うものか。右手の人差し指じゃないんだ。シャッターを切るのには不自由しないぜ。いや、大昔のドイツのカメラ、イハーゲーのエキザクタはシャッターが左だったよなぁ。アレは確か家に一台あったはずだが、残念なことに俺向きじゃないってことだな。
しかし、この旅先の町の人々はどうなってるんだ?俺みたいなカッコいい中年男が歩いていても、声もかけてこないなんて。俺はさみしく、かつ退屈してるんだぜ。誰か、俺に声を掛けてくれないモノかねぇ、孤独なんてつまらないものだぜ。とはいえ、おまわりに声を掛けられ、職質喰らうのはゴメン蒙るけどね。
読者諸君、俺は退屈してるんだ。あんまり退屈だと、人恋しさのあまり、その気もないのにキャバクラなんかに繰り出して、要らん金を使ってしまいそうで、ハラハラしてるんだ。頭の弱い小娘相手に、酒を呑むなんて、この年になると虚しいの一言なんだ。この寒いのに、ビールなんか飲んで、痛風発作を起こすってのも笑えないオチさ。あぁ、大人しく溜まってる仕事を片付けるとするか。

失礼する。

0 件のコメント:

コメントを投稿