2013/01/31

Post #713 世の中が悪くなっている!

Tokyo
最近、メディアでは歴史認識(なんかこれ自体が胡散臭い言葉な気もするが)などに関して、いわゆる愛国的な日本人の皆さんの意向に沿わない発言をする人を名指しして、国賊だとか売国奴なんて非難する言説を目にする機会が増えたような気がする。
週刊誌やネットニュースは、特定の個人をそのように非難し、それによって読者の溜飲を下げているのだと言わんばかりだが、どうにもそんな風潮が俺には鼻につく。世の中が悪くなっていると、つくづく実感するぜ。
この手の言説は、どうにも俺には昭和初期から戦中にかけての言論弾圧を思い起こさせて、生理的に嫌悪感を感じるのだ。

国賊?

売国奴?

一体ぜんたい何時代の話しだよ?
今にきっと非国民だとかいいだすに違いないぜ!
冗談じゃない、笑いが止まらないぜ。大政翼賛会にでも入ってるのかい?
いいぞ、進め一億火の玉だ!
欲しがりません勝つまではだ!

俺は思わず吹き出しそうになる。そんな時代がかった言葉を持ち出してきて、どういうつもりなんだろう?俺達は21世紀に生きているんだぜ。国賊とか売国奴とか、とっくにカビの生えたような不愉快な言葉を軽々しく使うなんて、ジャーナリストとしての資質を疑ってしまうぜ。
まったく、マスコミ自体が2chみたいになっているんじゃないのかい?
戦争というものは、いつの時代でも、他国の住民を大量に虐殺したり、女性を強姦したり、性的に搾取したり、住民を強制労働させたりするという側面を伴っている。それはどんな大義名分があろうとも、必ずや大なり小なりありうることだ。もっと言うなら、戦争とは自分の国の国民を他国の軍隊を使って殺戮することだ。
だからこそ、俺は日本国憲法第九条こそ、易々と変えるべきではないと思っているんだ。何故って、紛争解決の手段として、戦争を行う権利を国に与えていない以上、俺たち日本人が、二度とよその国の住民を虐殺したり、強姦したり、奴隷にしたりしなくて済むんだ。人間のなかにはそういう禍々しい本性が潜んでいる。それを戦争という手段を禁じることで、封じ込めているんだからな。俺は、人のイイ親父さんが、戦争に行った途端に、目を三角にして、他国の人間をぶっ殺したり、他国の女性を強姦同然にやりまくったりする姿など、決して見たくない。
俺は死んだおばあさんから、大陸でおこった目を覆いたくなるような話を、たくさん聞いて育った。
だからこそ、戦争なんて御免だ。
しかし、いまどき、そんな事を言うと、国賊とか売国奴と言われるんだだろうか?
メディアが権力のウォッチドッグを自認していたのは、もう遠い昔の話しなのかい?
奴らは戦争中、自分たちの先人たちが、大本営発表を鵜呑みにして、嘘っぱちの報道をして戦争の片棒をかついできたことの反省なんて、すっかり忘れているに違いないぜ。
だからって、戦前に先祖返りしたみたいな昨今の言説は、目に余るってもんだ。いや、まるで右翼の街宣車の演説みたいだ。民度が低いぜ。
自民党政権や石原慎太郎なんかの言うことに異を唱えると、反日的日本人だの、国賊だの、売国奴だの言われちゃ、たまらないってもんだろう。そういう事を言わないのは、反日的新聞として悪名高い朝日新聞だけかい?ふふふ、俺はこれからも朝日を購読し続けるぜ。
この手の言説を弄するバカヤローは、自分を完全に正しいと信じているんだろう。一体ぜんたい、この人たちは何の権利があって、自分と意見の異なる人物を国賊や売国奴、はたは戦犯呼ばわりしているのだろーか?
この手の連中に限って、自分たちの言説が非難されると『言論の自由』を護れとかいうに違いないぜ。目に浮かぶさ。安全地帯から、他人を狙い撃ちし、貶める、それは俺には卑劣な行いに感じられるぜ。ただ単に時代の雰囲気に迎合した事を書いてるだけで、正義漢ぶるのは止めにしてほし―ぜ。2chよりも、右翼の街宣車よりもたちが悪いぜ。

自分と意見が違う人間を、排除するのは簡単だ。
しかし、それでは私たちはどんな未来にも辿り着くことはできない。
客観的で科学的な事実を拾い集め、正々堂々と意見を戦わせ、真実に迫ってゆくべきだ。それを軽々しく、国賊だの売国奴って、言論人としてレベルが低すぎるぜ。噴飯ものさ。
民主主義の基盤には、『君の意見には反対だが、君が意見を述べる権利を、私は必ずや擁護する』という精神がある。
素晴らしいぜ。俺は民主主義者でいたいからな。国家主義者や大政翼賛会みたいな連中から褒められるよりも、国賊とか非国民とか言われた方が、民主主義者の勲章のような気すらしてくるってもんだぜ。
読者諸君、失礼する。日本はいつから軍国主義国家になっちまったんだ?

0 件のコメント:

コメントを投稿