2013/02/13

Post #726 Tonight,Nothing To Say

Paris
すこぶるチョーシが悪いんで、家で寝ていたいんだが、どうにもこうにもそうもいかない。
書類だなんだと忙しいわけだ。昨日も家で眠っていたら、お客から電話がかかってきて、引っ張り出されたんだ。きっと、殻から引きずり出されるサザエはこんな気分だろう。
俺がこんな体たらくの間にも、北の若将軍は核実験だし、グァムではなんだか凄惨な事件が起こっている。しかし、あれだな、人間身体の調子が悪いと自分のことしか考えられなくなるもんだな。世間が狭くなる。自分の周囲50センチくらいしか考えられないぜ。
しかも、書類だなんだって一日中、パソコンに向かっていると、いざこうしていても、何も、そう何も書くべきことが思い浮かんでこない無いわけだ。
でなわけで、今夜もまた何も語るべきことはないってことだ。
これでは、いけない。
人間、いろいろと考えて、人間として有意義に生きていくためには、そこそこ暇じゃないといけない言うことだな。それには金が必要だし、そうすると暇がなくなるし。ふむ、難しいものだな。
とかなんとか言ってるうちに、体調は少し落ち着いてきたんだ。有難いことだぜ。席は相変わらずだけどね。
読者諸君、失礼する。何とかとっとと体調を持ち直さないと、近々現場が始まるんだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿