2013/02/28

Post #739 今年もすでに6分の1終わったのか・・

Kuta,Bali,Indonesia
心身をすり減らして働いている間に、もう2月も終わりだ。日中の日差しにも春の気配が感じられるような暖かさだった。季節は着実に移ろっていくのだ。しかし、もう2月も終わりとは・・・。俺、今年に入って、何やっとったんじゃ?ただ、仕事してただけだねぇ。
こんなペースで生きていくのは、激流に流されながら生きているようなもんだ。
考えれば、仕事なんて所詮仕事、つまり金儲けでしかないんだから、飯を食っていくためにはこれは至極重要なんだけれど、生きていく意味という観点から考えれば、どこか枝葉末節にしか過ぎない気がする。
俺達は、いつも枝葉末節にこだわり、肝心なモノゴトの本質を見落としているんじゃなかろうーか?
仕事ができるできない、有能無能、そんなことは本来、人間の価値(人間の価値という言葉には、思わず不愉快になる。人材って言葉も、人間様を何かの材料のように扱っているようで、不愉快になる。そんなの俺だけかもしれないけどな)とは何のかかわりもないはずなのに、実際の世の中は、そんな冷酷非情な評価基準で成り立っている。
しかし、そこには重大な落とし穴がある。人間は誰しも年老い、経済的には、いずれは例外なく無能で無用な存在になりうる、不安定な存在なのだ。
そこんところを、むんずと捕まえておいたうえで、人生の歩き方ってのを考えておかないと、いつか後悔することになる。そして、まだこの先にチャンスが巡ってくるのかもと一縷の望みを託し、病気を抱えて、年老いて肉体の機能が衰えてなお、心穏やかに来たるべき日を迎えられんということになりかねん。これは、大きな問題だ。俺のライフワークだと言ってもいい。

どうにも最近、意気消沈するような内容に偏っている気もする。
おかげさんで、PVはうなぎ降りだ。うなぎ上りじゃない。
そらそうだろう、誰が好き好んで、冴えない暮らしぶりの中年のおっさんのボヤキを聴きたいもんかねぇ、うちのカミさん(内縁)だって、真正面から取りあってはくれないよ。
しかし、致し方ないんだぜ。読者諸君の若い衆は、人生の先行きが大方見えてきてしまった年齢の人間の焦りや不安は分かるまいて。
そして、それがわかるような微妙なお年頃になれば、その時には既に遅い。人生の趨勢は見えている。将棋で言えば、詰んでいるという訳だ。
俺もいつの間にか44歳だ。誰憚ることなく中年だ。昔は壮年というもうちょっとカッコいい言葉もあったような気がするが。中年というのは、どうにも宙ぶらりんなカンジで、落ち着きが悪いし、その中くらいの先は下り坂一辺倒という、物悲しい響きを感じてしまうわな。
いかんいかん、春は近い、はずだ。花粉も黄砂もジャンジャン飛んでくるだろうが、いつまでも冬のままじゃないはずだ。もっと働き方を考えよう。でないと44歳の春もまた、ただ働いて終わりってことになっちまうぜ。冗談じゃないぜ。
失礼する。 

0 件のコメント:

コメントを投稿