2013/03/22

Post #760 CatFish

Paris
今日は、午前中に一件打ち合わせを終わらせてから、家に帰ってプリントするつもりだったのに、午後から打ち合わせに来てほしいと電話で言われ、俺は憮然とした。
仕事と写真とどちらが大切かと問われたら、すかさず写真と答えよう。
女の子二人から、わたしと彼女、どちらが大切なのよ!と訊かれたら、結構悩むかもしれないが、それは同じステージにあるモノの中から一つを選べと言われていることなので、悩ましい。
けれど、仕事と道楽というのは、仕事はあくまで、道楽を可能にするための手段であるという位置づけなので、この質問に関しては、いささかも躊躇することなく答えることができる。
俺のやってる仕事は、まぁ、他のニンゲンでも大過なくこなすであろうが、俺の写真は俺にしか扱えないのだ。他人様の手を煩わせると、それはすでに俺の写真では、ない。たとえ、俺が撮影した写真であろうとも、だ。
写真を撮り、プリントして、初めて自分の写真になるのだ。
もちろん、世の中には自分は撮る専門で、プリントは他人任せっていう人もいる。アンリ・カルティエ・ブレッソンもその口で、彼にはピエール・ガスマンという優秀なプリンターがついていた。分業制という奴だ。
一方で、森山大道のように、暗室で写真を造り上げるというタイプも確かに存在している。俺はこの家内制手工業というか、職人じみた流儀が好きだ。
パチリと気楽にシャッターを押すだけでは、それは完全に俺の写真にはなりきっていないんだよ。
解るかなぁ。解る奴にだけ解ればいい。そういうもんだ。
魚を釣ってきたからって、自分でさばいて料理しなけりゃ、俺の料理とは言えないだろう?
もっとも、俺がする魚釣りと言えば、近所のドブ川でもそこそこ釣れるナマズ釣りだけ。古タイヤが沈んでいるような、パチンコ屋の裏を流れるドブ川のナマズなんて食いたくもないぜ。
これがナマズだよ、ナマズ。
夜行性のナマズを釣るのは夜しか出来ない。夜勤の帰りに、ちょいと近所のドブ川によって、ルアーを放っちゃ引きしていると、闇の水面から、ゴボッ!バシャ!という音がする。ナマズが針にかかった音さ。掛かっちまったら、あとはゆっくりとナマズの動きに合わせて、糸を巻き上げ、網でそっとキャッチするわけだ。奴らは網のなかで身をくねらせて、大騒ぎだ。
寒い時期には、ナマズはどうしてるのかよく解んないが、釣ることはできない。きっと泥のなかで冬眠しているんだろう。ムーミンもびっくりだぜ。まぁ、いずれにせよ、これからがシーズンだ。

思うに、暗室のなかでのプリントも、闇の中から写真がガバリと浮かび上がってくる所は、ナマズ釣りとどこか通じるものがあるかもしれんな。やっぱり素敵なもんはみんな、闇の中から現れるのさ。
俺の写真もナマズも、どっちもモノクロだし、ぬらぬらしてるし。
てことは、俺の写真てのは、まぁ、魚拓みたいなもんか?
どうでもいいけど、マン拓ってのも、むかしちょっと流行ったな。それがなんだかわかんないなら、分からないままでいいさ。しょうもないことだからな。

ナマズはラジオペンチで針を針を抜いて、夜の川に帰す。
けれど、写真は、こうして君たちに見てもらうことになるのさ。
そんなナマズ釣りも、去年は忙しくって一度も行っていない。
今年は少しは行きたいものだ・・・。それに何より、今年はプリントをもっとしたいもんだ。

昼間は暗室にこもってプリントし、晩飯を食ってから、釣竿と網を担いで釣りに行く。
小学生から学校を取り去ったような、すばらしい暮らしだ。たまには泥臭いナマズの蒲焼なんか、食ってみるのも悪くはないかもしれないな。話しのネタにはなるだろう。いがいといけるかもしれないしな。もしそうだったら、そりゃ儲けもんだ。君も一緒にどうだい。
まったく、そんな暮らし、夢みたいだねぇ…。

読者諸君、失礼する。夢は眠ってみるもんか・・・。 

0 件のコメント:

コメントを投稿