2013/03/29

Post #767 世界を旅する本

Amsterdam
仕事の合間を縫って、少し前にネットで海外の出版社に写真集をオーダーした。翌日には発送手配に入り、8営業日以内に到着すると書いてあったはずだった。
しかし、もう、かれこれ2週間になる。
カードの使用履歴は、とっくに決済されているというのに、どうしたことだ?
何日か前に問い合わせてみると、今、日本に向けて空輸中だよって返事が来たんだ。
そのメールには、荷物の追跡番号が書いてあったんで、指定されたサイトで確認してみることにした。
ドイツの出版社の香港オフィスから手配がかかり、スウェーデンの運送会社が発送したのが、今月の21日だって。本一冊で、ユーラシアの端から端だなんて、御苦労なこった。
でもって、27日には集積ハブ空港に立ち寄ったことになってるらしいんだが・・・。
一体ぜんたい、俺の買った本は、俺の手元に届くまで、世界中を飛行機に乗って旅しているのか?まる一日あったなら、地球の反対側のブラジルまで行けちまうご時世だ。
恥丘じゃない、地球を何回まわってるっていうんだ?それとも、この21世紀に優雅に船旅かよ?
わからないね。
まぁ、自分の手元に届くまでは、気が抜けないけれど、俺の代わりに俺の買った本が世界の旅を楽しんでるんだと思うことにして置くぜ。それはなかなかに面白い体験なんじゃないかな。もっとも、本にそれを感じる感性が備わってればの話しだけどね。
で、どんな写真集を買ったのかって?それは、着いてからのお楽しみに取っておくことにしようぜ。
読者諸君、失礼する。

0 件のコメント:

コメントを投稿