2013/05/15

Post #815 男は軍隊、女は淫売!これで決まりだ!

Osaka
昨日は何だかんだ言って、42カットプリントした。まぁまぁだ。去年の夏のシンガポールだ。かつて日本軍がイギリスの植民地だったところに進攻して、統治したところだ。日本人の一部の人々は、それを解放と呼び、世界の人々は侵略と位置付ける。物事の見方は、自分自身の立ち位置で決まる。それを庶民の言葉で言えば、ご都合主義ということになる。我が国は資本主義国家である前に、ご都合主義国家というのは、世界の定説だ。

橋下市長さんの素晴らしい発言が続々と報道されている。いちいち彼のツイートをチェックするような暇人ではないのだが、新聞紙上で見かけて看過できない気がして、昨日に引き続いてネタにしてみよう。
本日5/15日付けの朝日新聞(俺は昔っから、試験に出る天声人語の朝日新聞だ。反日的新聞とバッシングされる朝日新聞だ)によれば、『貧困から風俗業で働かざるを得ないという女性はほぼ皆無。皆自由意思だ。だから積極活用すればいい』と、彼は強弁しているという。
本当にそうだろうか?
地方都市では、男は肉体労働、女は広い意味での風俗業しか働く場所がないという話を俺は聴いている。肉体労働の現場に立っている俺には、それがなんとなく実感できる。
シングルマザーで子持ちで、大企業やそこそこの中小企業でバリバリ働いて、子供を養って行ける女性が、どれほどの割合でいるというのか?そして、そういった能力の有る無しに関わらず、離婚するしかないっていう女性はいっぱいいるだろう。能力が無くても、人間は金を稼いで生きていかねばならない。持って生まれた器官が商売道具になるのなら、何の資本もいらない。それしか選択肢がないってことだ。
世間で見かける人妻ヘルスやデリヘルで働いている女性たちの中には、少なからずそういった境遇の女性もいるんじゃないだろうか?
そうでなくても、若者は仕事がない。
けれど、メディアによって煽りに煽られる欲望を満足させるためには、金が要る。
そう、大企業だって、しょせんは庶民の欲望を煽り、購買欲を刺激して、要らないモノにまで金を出させて、利益を生み出す仕組みになってるんだ。
俺達は、そんな社会の見えそうで見えないシステムのなかで、檻の中の鼠が滑車を回すように、金を稼いで、金を回し続けるしかない。
それが社会の仕組みだ、現実だ。
この素晴らしい現代社会では、金を多く持っている奴が英雄だ。
しかし、どいつもこいつももうすでに何でもかんでも持っている。
売れるモノは少ない。ましてや、もう何年も給料は下がり続けてきた。ジャンジャン物が売れる状況にはない。社会に金が回らなくなってきているのさ。
社会に金が回らないとなれば、マトモな働き口が潤沢にあるとは言えない状況だ。
だから若い女の子が、金を稼ぐ能力がなくたって、てっとり早く金を稼ぎたいとなったら、風俗業とかに足を踏み入れることになることを、止めることは出来ないだろう。俺は、自分には本当は〇〇になる夢があるんだけど・・・、という話を飲み屋の女の子から聞いたことは何度もある。

しかし、それは本当に自由意思なのか?
さまざまな社会的制度的な要因によって、エンクロージング、つまりそこに囲い込まれてしまっているだけじゃないのか?
そして、風俗業は日銭商売だ。
働き続けなければ、金は入ってこない。有給休暇も無けりゃ、雇用保険もない。そう、何の保証もない。一日に一人もお客が付かなくても、お金がもらえるってこともない。その代り、即金で金が手に入る。極端にキャッシュフローが悪い商売なのさ。つまり習慣性があるということだ。なかなか足抜けできない。
それは、一時期大流行した派遣業と同じだ。
俺も現場商売という商売柄、その世界のことはよく知っている。悪名高いグッドウィルに在籍していたこともある。社会の底辺で生きてきた。その頃、政治家は『若者が生き方を自由に選択できるようになった』と、派遣業を賛美していた。実際は、みんな見果てぬ夢を追いながら、生活のために昼夜を問わず働き、夢を見る余裕もないという有様だった。そして、もちろん自由意思の自己責任だ。
たった7500円の日銭のために、どいつもこいつも粉骨砕身していた。そして、その日の夕方に金を手にすると、飲み屋に行って、風俗に行って、有り金を使ってしまうような奴らだった。
よくできた仕組みだ。金は天下の回りものというが、下々の人間の稼いだ金は、社会の深層海洋水のように、底の方でぐるぐるとまわり続ける。よくできた仕組みだぜ、クソ!。
それは社会制度の問題が大きく関わっているはずなのに、自由意思だという言説がまかり通る。そして、自由意思であるからには、自己責任だと来るわけだ。自民党さんの大好きな国家は、その時人々を自己責任と無情に突き放す。大企業や大銀行には、ホイホイ経済支援してやるくせに。

俺はこの社会がユートピアだったとは端から思っちゃいないが、現実の人間に対する想像力を著しく欠いた政治家の発言は、ムカついて仕方ないんだ。悔しくて泣けてきそうだ。
アベノミクスだなんだっていっても、俺には朝三暮四で踊らされているようにしか見えないぜ。
政府の要人が靖国参拝したり、過去の侵略を否定するような発言を繰り返すのは、そういう社会の矛盾と不満から、自己責任の苛烈さから人々の目をそらしてるだけのように見えるのは、俺だけか?
それとも何かい、憲法を変えて、日陰者の自衛隊を軍隊にして、仕事の無い若い衆を兵士に仕立て上げるのかい?徴兵は国民の義務だとかいいだすんじゃないだろうな?
で、女の子は風俗業で、自由意思の慰安婦かよ?中国や韓国を挑発してナショナリズムを煽り、人びとの目をそらして行こうっていうのかい?
素晴らしい。素晴らしすぎて、笑いが止まらないぜ。笑わせんな、この野郎!
読者諸君、今日もプリントでもさせてもらうぜ。国に道無きときは巻懐孤高さ。 

0 件のコメント:

コメントを投稿