2013/05/17

Post #817 水平線の終りには・・・

Kuta,Bali,Indonesia
四方を海に囲まれたこの日本の国では、古来、常世の国、ニライカナイ、補陀落浄土など、海の向こうの海上他界の存在が信じられてきた。
フィリピンから、インドネシア、パプアニューギニア沿岸部、そしてニュージーランドやポリネシア諸島に至る広範な太平洋の島々にすむ人々は、かつて台湾あたりから小さなアウトリガー船、つまり船の横に船の姿勢を安定させるための構造物を設けた船で、水平線の終わりを目指して漕ぎ出していった人々の末裔だ。
このヤポネシア=日本列島にも、ひょっとするとそんな人々が黒潮に乗ってきて、日本人のルーツの一つになっているかもしれない。

余りにくだらない低レベルな憲法改悪論議が、人気絶好調の自民党の皆さんによって繰り広げられている状況にうんざりした俺は、自分御プリントした写真をしみじみと眺めながら、ふと、水平線の終わりにあるという、海のかなたの異界へと思いを馳せる。
ふと、海のトリトンの主題歌なんかが口をついちゃったりもする。
(若い人は知らないだろう。手塚治虫先生原作の大昔のマンガだ。海のトリトン、デビルマン、仮面ライダー、バビル二世、カムイ・・・。大切なことはみんなマンガから教わった。昔のヒーローはなぜかみんな孤独な存在だった。馴れ合うことの格好悪さよ。)

論語の公冶長篇に七に『子曰く、道行われず、筏に乗りて海に浮かばん』とある。
礼治主義とでもいうべき孔子の理想を受け入れて登用してくれる国もありそうにないので、うんざりした孔子は、いっそ東の海に筏を浮かべて亡命しようかなぁなんて考えたって話だ。
理想主義ってのは、いつの時代も現実に打ちのめされるものだ。

時代を先取りしている我が国の憲法は、理想主義的であり過ぎると、自民党のセンセー諸氏をはじめとする多くの人々から憎まれている。現実に対応していないという訳だ。
OK、俺が思うに理想とは、現実の闇路を照らす、小さな灯だ。灯りを捨ててはいけない。
しかし悪いことに、かつての友愛総理のおかげで、人々は理想ってものを胡散臭く感じている。大盤振る舞いの景気対策で、国民に銭を回してやれば、易々と憲法改正も出来そうな勢いだ。
だが、どうにも俺には立憲主義の根本もわきまえず、憲法を好き勝手に改変し、国民の自由と安全を脅かし、俺達国民を仕切ろうとする権力欲に取りつかれた歴史修正主義者が、大手を振って跋扈するこの国は、どうにもこうにも息苦しい。
奴らのいいようにさせていたなら、そのうちに、公の秩序を乱すと言って、言論も表現も取り締まられるようになるだろう。公おおやけって、奴らはお題目のように言うけれど、奴らの言う公ってのは、自分たちが真ん中に居座った統治機構、官僚のピラミッド、そして税を納め、消費する存在としての国民という、自分たちにまことにご都合のよろしい秩序なんじぁござんせんか?
こんなことを許していたら、そのうち政府の方針に異を唱えると、大杉栄のように拉致されて、惨殺されたりすることだって、ありえるんだぜ。それも、憲法の名のもとに。
まさかと思うかもしれないが、あり得ない話じゃない。あの事件は大正デモクラシーの真っただ中に起きたんだ。冗談じゃないぜ。
いやいや、そうなりゃこんな俺でも危ないかもしれないな。アメリカだかスェーデンに亡命することを考えておかなけりゃならないぜ。このおれが難民かよ。

憲法ってのは、この国家の根本原則であって、時の権力者の横暴を防ぐためのものだ。
それをやすやすと、時の権力者たちが数を恃んで、勉強不足の自分たちの気に入るように、都合よく改変するなんてことが、許されていいはずがない。

しかし、果たして俺達にその流れを食い止めることができるだろうか?
いいかい、権力という猛犬の鎖を一度でも緩めたら、それは飼い主たる国民にいつ牙をむくかわからないんだぜ。権力者を信用してはいけない。奴らはこの21世紀に巣食う貴族階級みたいな奴らだ。ガキの頃から、誰かに頭を下げたこともない奴らなんだ。みんな、分かってるのかよ?選挙で選ばれたっていっても、日本の選挙は、未だに地盤看板カバンと三拍子そろってないと当選できないんだぜ。世襲制の貴族じゃなけりゃ、当選できない仕組みなのさ。
不安だ。その辺のおっさんやおばさんですら、意味も分からずアベノミクスとやらに期待している。未だに何の利益も得ちゃいないくせにだ。まったく、自民党の勢いはとどまるところを知らないかのようだ。橋下市長さんの売買春奨励発言や、慰安婦しょうがない論のとんでもなさを以てしても、その勢いを止めることはできそうにない。
このままいったら、国籍問わず数百万人の軍人民間人の犠牲によって得ることのできた、我が国の憲法は、改悪されてしまうだろう。
そうなったら、先の大戦における数百万の犠牲者は、まったく犬死だったちゅうこった。それこそ、靖国の英霊の皆さんに申し訳がないってもんだ。

で、仕方なく俺も、水平線の終わりに思いを馳せるわけだ。

しかし、かつての先祖たちのように、水平線の終わりに広がる、まだ見ぬ異界を目指したところで、この21世紀、それぞれに問題を抱えた国に辿り着くしかない。一歩間違えれば、辿り着いた先はとんだ独裁国家だったりもするから要注意だ。
そして、どこに上陸するためにも、この日本の国のパスポートがなけりゃならないんだ。
世界には、もう見果てぬロマンなんか、どこにもないってことさ。
ブコウスキーも言っていたっけ。
『世の中には、悪い政府と、より悪い政府の二つしかない』ってね。
つまり、自分の今いるところを、死守するしかないってことさ。

読者諸君、失礼する。
俺は、今まで自民党に投票したことは、一度たりともない。もちろん、今度の夏の参院選も、まったく奴らに投票する気はないんだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿