2013/07/23

Post #884

Dubrovnik,Croatia
昨日、これを含めたフィルム1本、16カットプリントしてたら、あまりの暑さに頭が朦朧としてきた。吐き気すら催してくる始末だ。冗談じゃない。
暗室作業で死にたくはない俺だ。出来ればキレーなおねーさんの柔らかい胸に抱かれて死にたいってもんだ。
不思議と、女性が写っている写真のほうが、アクセスが多くなる傾向にあるように思う。
確かに、俺だってしみったれたおっさんより、キレイなおねーさんを見ていたいと思うのだが。
しかし、それだけでは片手落ちというものだ。車のタイヤも右側だけ大きくてはまっすぐ進むことはできない!小汚かったり、脂ぎっていたりするおっさんも、キレーなおねーさんと同じように評価して俎上にのせて、親愛なる読者諸兄諸姉にお届けすべきなんじゃないでしょうか?
しかし、しかしですよ、キレイなおねーさんも、小汚いおっさんも、同じ部品で出来ているわけでしょう?どうしてこんなに違ってしまうのか?違ってしまうのは、俺達の主観のなせる業なのか?
えっ、どーなんだい、社長!はっきりしてくれよ!
俺には尽きない謎のような気がする。
そういえば、女性のヌードのグラビアはあっても、男性ヌードのグラビアってあんまり聞かないものね?女の人はあんまりそういうの見たいとか思わないもんなんでしょうか?
これも、尽きない謎ですねぇ、いや、まったく。

読者諸君、失礼する。新聞やTVでは脂ぎった野心家のオッサンたちが、満面の笑みを浮かべていたり、沈痛な表情で反省していたりで、鬱陶しくて仕方がないぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿