2013/07/31

Post #892

Dubrovnik,Croatia
この脚の長さに、俺は驚いたぜ。
宇宙空間に人類が進出したときには、さぞかし適応し辛いのではないかと憂慮するほどにね。
無重力状態では、脚はさほど使用されず、身体にくっついている以上は酸素やエネルギーの消費効率が悪いのだ。脚が短いと嘆く前に、自分が宇宙世紀にいち早く適応しているのだという、ひそやかな自負を持つべきだろう。
まぁ、この地球上でそんな寝言をほざいてみても、負け惜しみにしか聞こえないのだ。
宇宙空間は真空だから、どれだけ寝言を垂れ流しても、誰にも聞こえはしないんだがね。
読者諸君、失礼する。

0 件のコメント:

コメントを投稿