2013/08/03

Post #895 労働と賃金に関する呟き

Dubrovnik,Croatia
最近、がばがば儲かって、なおかつ世間からブラックと呼ばれているような企業の経営者から、『世界同一賃金』という、面白い構想を聞かされることが多い。
しかし、この日本の国では、そんな構想は10年いや、100年早い。
何故ならば、正社員と非正規雇用者が、同じ仕事をしても、賃金には大きな格差がある。
まずは、『同一労働同一賃金』という、理念を実現し、その上で、『世界同一賃金』というクソみたいな理想に取り組んでもらいたいもんだ。
『世界同一賃金』なんて、俺には最貧国の労働者の賃金を基準に、人件費の高い国の労働者の賃金をすり合わせ、会社の利益を最大化するという姑息な目的のためにでっち上げられた与太話にしか思えないんだがな。
俺の考えは悲観的に過ぎるだろうか?けど、労働者の賃金だけは発展途上国に合わせて、役員や経営者の報酬だけは欧米企業に合わせるとか、そんな『世界同一賃金』はイカサマだと思うぜ。

読者諸君、失礼する。人生の意味を知っているのは、貧乏人だけだ。金持ちはそれを想像することしかできない。ブコウスキーはそういっていたぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿