2013/08/25

Post #917

Dubrovnik,Croatia
俺はえばってる奴が大嫌い。
それも、実力もないくせに、立場だけでえばってる奴が大嫌いだ。
自分より立場が弱い奴には偉そうに振る舞い、自分より立場が上の奴には犬のようにへりくだる奴は、吐き気がするほど大嫌い。
そんな奴を見ると、ぎゃふんとへこましてやりたくなる。自分の進退を賭けて、叩きのめしてやりたくなる。
ニンゲンは、その立場や資産の量とはかかわりなく、平等であるべきだ。
それは、農耕発生以来の人類の不平等の黒歴史の中から、俺達ニンゲンが発明した、たいせつな原理原則だ。だからこそ、立場は違えど互いの人格を尊重して、接するべきだ。
立場がエライのだったら、自分がエライ訳ではないので、えばる理由はどこにもない。
自分がエライのだったら、立場なんかどうでもイイので、立場なんて穴の開いた靴下のように棄て去っても構わない。
それに、人間は平等だという信条に照らせば、俺が偉けりゃ、あんたも偉いって、飲み屋の酔漢同士の与太話のようで、相対的な価値観は、ローラーで轢き潰されたように意味を失う。
立場なんて、人生いつ逆転するかわからないあやふやなモノだ。
そんなもんに寄りかかっているのは危ういことで、一瞬一瞬、自分の経験の全てをつぎ込んだ総力戦で、他人に接するしかない。
よく言われるこったが、中身で勝負って奴だ。
それは、俺の信条だ。
俺は、中身がカラッポなくせにえばってる奴が、本当に嫌いだ。
ハエやゴキブリのように、叩き潰してやりたくなるんだ。
けど、そんな争い、下らないッたらないんで、さっさと見限って、旅に出かけたいってのが、俺の本当の気持ちさ。
読者諸君、失礼する。

0 件のコメント:

コメントを投稿