2013/09/24

Post #947

 
Rabat-Sale,Morocco
ここんとこ、政治に関する話をしなくなって久しいけれど、それは俺が自民党さんに、いや、どうにもならない日本のどん詰まりの政治状況に絶望しているからで、アベノミクスとやらの鼻薬が効いて、うまうまと金回りが良くなったおかげさんで、白紙委任しているからではないんだぜ。

民主党野田内閣の時に決まった消費税8%への移行が正式に決まった。
そいつはしょうがない。国民一人当たり800万円もの借金を抱えている我が国だ。
原発処理やオリンピックでも、いったいこれからどれくらい銭が入用になるのか見当もつかないのさ。それに何より国民の3割が、65歳以上の年寄りだ。その連中の年金だの医療費だのにとんでもなく金がかかるって算段だ。消費税は上げなくちゃしかたなかろう。毎日の食いもんから、高級外車、ブランド物なんかの贅沢品まで、一律8%だ。
しかし、消費税を上げた一方で、法人税を軽減するって?何よそれ?

俺はこう見えても、独りでしょぼくれた商売を営んでいる。独り法人だ。だから、消費税を上げる衝撃を、法人税の減額で緩衝しますって理屈には、胡散臭いモノしか感じない。
法人税ってのは儲かっている企業が払うものであって、赤字の企業は法人税をそもそも払っちゃいない。
日本の企業の大半は、吹けば飛ぶような中小零細企業だ。もちろん、俺はその中でも零細も零細。なにせ、社員は俺しかいないんだからな。法人税なんか3年に一度払えればいい方だ。

法人税をドバドバ払っているようなのは、いわゆる大企業だ。経団連に名を連ねていたりするようなデカい会社だ。

日本の大企業全体で内部留保を、なんと150兆円もため込んでいるような連中だ。

そんなに銭をため込んでいながら、状況は厳しいとか適当なこと言って、社員の給料を上げようともせず、儲かっていてもせいぜい一時金を支払うのが御の字という大企業の皆さんだ。

永年会社にご奉公してきた社員を、次から次からリストラして首を切ってきた大企業の皆さんだ。

ロスト・ジェネレーションを生み出した大企業の皆さんだ。

大企業は人材確保の名のもとに、大学生の青田買いだ。
おかげさんで、日本の大学生はロクに高度な専門教育を受けることもなく、社会人になっていく。就活とやらで学問はおろそかになってしまうのさ。日本の中だけで商売してるぶんにはそれでも良かったろうが、世界とガチで渡り合うためには、高度な専門教育とバランスのとれた社会認識が必要だと俺は思うんだが・・。まぁ、いいさ。専門知識を持った人材は派遣から呼べばいいという発想なんだろう、大企業の皆さんは。

俗に追い出し部屋と呼ばれるような部署を作り、そこに年食った社員を放り込んで、慣れない仕事をさせ、自発的に辞めざるを得ないように追い込んでいる大企業の皆さんだ。

法人税を上げようとすれば、海外に移転するぞと、国に脅しをかける大企業の皆さんだ。

その割には、何かというとすぐに、自分たちの都合のいいように国に注文を付けるような、甘ったれた大企業の皆さんだ。奴らはそれを企業経営だと思っていやがる。

日本の経済と雇用を支えていると言いながら、実はとっくに日本国内での製造には見切りをつけ、中国やアジアに生産の基盤を移している大企業の皆さんだ。

俺は、日本というぬるま湯にどっぷりつかってきた日本の大企業の皆さんが、法人税が高くなったからといって日本から出ていったって、生き馬の目を抜くような激しい世界で、生き残っていけるわけがないと確信してるぜ。欧米のグローバル企業に骨までしゃぶられるのが、関の山さ。
(むしろ、そいつらが出て行ってくれた方が、もっとましな連中が海外から日本にやってこないとも限らない。外資のほうが休日だって多いし、給料だって年俸制で明確だ。今時社員の育成にもきちんと金と経費をかけているのは外資のほうだぜ。)

そんなヤクザもんのような恫喝をちらつかせるような大企業の皆さんは、とっととケイマン諸島でもジャージー島でも、好きなところに出て行ってほしいぜ。真面目にコツコツやってる奴らからすると、不愉快で仕方ないんだ。

けど、政治家どもはビビりまくって、法人税を上げるどころか、庶民からふんだくった銭を、奴らに回してやっているのさ。

労働者は安月給でこき使われ、下請けはコスト圧縮の名のもとに大幅に値引きされている。電気代やガソリン代は、どんどん上がっていくというのにだ。
その一方で、大企業の役員やその株を持っている奴等は、富裕層とか言われデカい家に住み、高いマンションを買い、贅沢三昧だ。1500万円もの銭を、孫にぽんと呉れてやっても、相続税を払う必要まで無くなった。結構なこった。
金持ちは、どんどん金持ちになり、貧乏人は日々の食い物まで増税されて、酷い目に遭うってことさ。日本は税負担が低いとかいうけれど、それは嘘だ。俺は自分に払っている給料のうち、2割が毎月お上に税金だの年金だのといってむしり取られているのを知っている。サラリーマンは手取りの額しか気にしてないんだろう。もちろん、それには消費税は含まれていない。ガソリン税もね。俺達はもうとっくにケツの毛まで毟り取られているのさ。

しかも、オリンピック?ゼネコンに対して、どれだけ大盤振る舞いしたら気が済むんだよ。

一般的に企業は善良な存在ではない。企業の目的は、あくなき営利の追求である。
一度安値で発注したら、二度と元の金額に戻すことなんて無い。アベノミクスとやらで景気が良くなったとしても、大企業の内部留保がまたまた積みあがってゆくだけさ。
それが営利集団たる企業の体質だ。

故に経済には正義なんてものはない。弱肉強食の掟があるだけだ。

そんな社会の連中の口車に乗せられて、規制を緩め、税金を安くしてやったとて、労働者の、ひいては俺達一般庶民の生活は、ちっとも潤わない。

社会的正義の名のもとに、富の再分配を行い得るのは政治だけだ。

しかし、悲しいことにこの日本では、政治家は大企業の飼い犬に過ぎないんだ。政治家が爺さんの代から貴族のように振る舞って行けるのも、大企業の皆さんとがっちりタッグを組んでいるからだ。富は大企業の口座に積みあがっている。奴らは、日本の納税者が収めた銭を自分たちのいいように使い、その結果、日本の財政が破綻しても、なんら痛みも感じないだろう。

俺は、日本が民主主義の国だと思えない時が多々あるぜ。
まぁ、安倍総理のことだ、国民大衆が塗炭の苦しみを味わうことになっても、『状況は完全にコントロールされている』とか言うんだろう。
『国民は完全にコントロールされている』の間違いじゃないのかい?そうしておいて、挙句の果てには憲法改悪だ。それについては他日論じる。楽しみにしていてくれたまえ。

読者諸君、失礼する。俺はこの日本の政治状況に、まったく絶望しているのさ。

2 件のコメント:

  1. T3はいつもオートで撮影ですか?

    返信削除
  2. オートですよ。おかげさまでブレボケです。

    返信削除