2013/10/13

Post #966

Zagreb,Croatia
イイ女を見ると、別にお近づきになれる訳でもないのに、嬉しくなる。
嬉しくなったついでに、彼女のことを忘れないために、写真を撮ってしまっている。
イイ女を見ると、生きていてよかったと思う。
たとえそれが後姿であっても。
この愉しみすくなく、苦虫をかみつぶしたような毎日の中で、イイ女を見ると、つくづく生きててよかったと思う。それ以外にこの世の中に胸のときめく事なんか、ありゃしないよ。
死んじまったら、イイ女にも出くわすこともできないし、まかり間違ってお近づきになったりすることもできやしねぇってものさ。
イイ女を見ると、このつまらない世界に見切りをつけてしまわなくてよかったって思うのさ。
イイ女は、闇夜の星みたいなものさ、俺にとってはね。

読者諸君、失礼する。

0 件のコメント:

コメントを投稿