2013/11/20

Post #986

Dubrovnik,Croatia
国民の皆さんが大好きな大好きな、自民党の皆さんは、現代民主主義の大原則ともいうべき、三権分立ということがまるで分っていない。
国民の皆さんが、景気を良くしてくれるってんで、大好きな大好きな大好きな自民党の皆さんは、憲法は主権者たる国民から為政者、官僚、公務員、そして天皇に対する命令だということを解かってはいない。
この文章の中の自民党を、中国共産党に変えたって、さほど違和感はないだろう?
今やこの国は自民党独裁なのさ。
奴らにとって民主主義なんて、合法的に権力を掌握するための方法にすぎないんだ。
その程度のもんさ、皆さんが絶大に支持している自民党ってのは。
で、皆の衆、自民党さんのおかげで、たいそう潤ったって話じゃないか?本当かい?

戦争したり、武器を海外に売りさばいたりしたくてうずうずしてるくせに、都合の悪いことは国民に未来永劫秘密にしておきたいくせに、それを平和を守るためと抜けしゃあしゃあと言い放つ恥じらいのなさ。
正直に、武器や原発を海外に売りさばいて、大儲けしたいと言えばいいじゃないか。

どうしてみんなおかしいと思わないんだろう?
お金さえあれば、どれほど道義から外れたことでも、自分たちの自由を脅かすようなことでも、支持してしまうのだろうか?
俺たちは家畜じゃないんだぜ。自分たちで自分たち国民自身の生きてゆく道を選ぶことができるはずなのに、どうしていつもこんな奴らばかりが選ばれるのか?
ウンコ食ったら40万円、って歌を大昔のパンクバンドが歌っていたが、私ども日本人は金さえもうかりゃ、クソを食べるようなことになってもいいっていうんですかねぇ。俺はそういう趣味の人じゃないんで、御免蒙るぜ。

俺は、憲法改正にも秘密保護法にも絶対に反対だ。
国民の皆さんが、大好きで大好きで、自分たちの代表につい選んじゃう自民党の皆さんは、俺に言わせたら、世襲貴族だ。見てみろよ、二世議員、三世議員ばかりじゃないか。満員電車に揺られたことも、重い荷物も背負ったこともないような奴らに、人が生きることのブルースを、そしてそれが故の自由(セルフィッシュではないよ)の大切さを、噛みしめたこともないような奴らを、俺は自分たちの代表にしたいとは思わない。
このクソみたいな世界の中で、一番きれいなもの、それは俺の、あんたの、それぞれの自由。
自由民主党のいう自由ではない。ヴォルテールやルソーからやり直せって言いたいぜ。

読者諸君、失礼する。自分の頭で考えてみよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿