2013/12/20

Post #1000

遂に、千回だ。
ある意味思い万感だ。皆の衆、よくぞここまで付き合ってくれたもんだ。感謝するよ。ありがとう。君たちのささやかな暇つぶしにでもなれたのなら、俺としても満足だ。
我ながら毎日のように、よくぞこんなマスターベーションのようなことを続けてきたものだと呆れ返るぜ。相手はいないが精力絶倫といった風情だ。
そこで今日は長年のご愛顧に感謝し、昨日のプリント34枚の中から、10枚をお送りしよう。
俺は常々、最終回になったら、みんなに言っておこうと思ったことがあったんだ。それはこうだ。
地球の皆さん、さようなら。

Budapest,Hungary

Budapest,Hungary

Budapest,Hungary

Budapest,Hungary

Budapest,Hungary

Budapest,Hungary

Budapest,Hungary

Budapest,Hungary
           
Budapest,Hungary
Budapest,Hungary

やはり、写真は一度にたくさん見たほうがいい。一枚一枚気取ったタイトルをつけて、鑑賞するなんてしゃらくさいことは、全日写連のおじ様達に任せておこう。俺の写真には全く似合わない。
目に映るものを、自分が反応したものを、その瞬間に辻斬りのように切り取って、ずらりと並べて、気に入ったのを持っていきなよというのが、俺の好みだ。
ずらりと並べるところに、イメージとイメージが響きあって、面白い感覚が生じる。どこか、ザッピングやネットサーフィンにも通じる感覚だと思う。
そんなところが、正統派の写真愛好家の皆の衆に、見向きもされない理由だとも思えるがね。

で、親愛なる読者の皆さんとはお別れしようと思っていたんだけど、時節柄、猪瀬東京都知事が辞任したのに歩調を合わせてるみたいで、今辞めるのは、なんだか格好悪い。
別に俺は猪瀬氏とは何らかかわりがないけれど、何か符合のようなものが感じられると嫌だ。

思い返してみれば、俺の写真はいったん置いといても、(まぁ、俺は結構自分じゃ面白いと思っているんだがね)もしここが中国だったら、俺が日頃憤りに任せて書き散らしてるような駄文は、すぐに削除されちまうかしちまうだろう。北朝鮮なら、ネット自体がないんじゃないか?
なんてったって俺は反権力、反体制が売りだからな。これを旗印にして30年くらい世渡りしてきたんだ。おかげさまで金回りはすこぶる悪い。
で、もしここが中国みたいな現実の全体主義国家ならば、俺のブログは次から次に削除され、俺が外を出歩くと警察にマークされたりするんだ。それでもやめないと、きっと自宅軟禁されたり、俺の名前を検索しても、表示されないようになるのさ。艾未未みたいにね。艾未未はそれを逆手にとって、強大にして凶暴な中国共産党をコケにしまくっている。たいしたおっさんだ。もっとも俺は、艾未未みたいな有名人ではないので、何を言っても嵐の中の屁の一発、何の影響力もありゃしないんだがね。

けど、ここは日本だ。言いたいことは何でも言える。まだ、現時点では。
この日本には、まだ今のところ、骨抜きにされつつあるけれど、世界的に見てもなかなか出来のいい憲法があって、思想信条の自由や、言論の自由が保障されている。まぁ、自民党政権にお任せしておけば、それも風前の灯火って気がむんむんしてくるんだけどね。

そこでだ、世の中は悪無限で、ロクでもないことばかりが深く静かに進行しているわけだが、たとえ誰も読んでいなくても、何も声を上げなかったら、俺はその悪だくみを、無為にして認めてしまったことになっちまうと思ったわけだ。
知らん顔して自分のことだけ考えて生きていくことで、とんでもない悪事の片棒を担いでしまうことになるわけだ。
冗談じゃない。悪いけど俺は、気に入らないことを断固として認めるつもりはない。トイレットペーパーじゃないんだから、そうそう長いものに巻かれるのは御免蒙る。

だから、ブログを止めるのは、やめる。
文句は言わせないぜ。

ノリとしては、ジェームス・ブラウンのマントショーみたいなかんじだとおもってくれたらいいよ。
どうせ知らない人ばかりだろうからあえて言っておけば、ステージの上で、力尽きてへたり込んでしまった風情のジェームス・ブラウンに、MCのおっさんがマントをかけると、いきなりJB、力強く立ち上がってマントを吹っ飛ばすって奴だ。最高にカッコいい。さすがはセックスマシーン、MR.ダイナマイトだ。憧れるぜ。

それについて、とやかく言う人もいるかもしれないけど、一切取り合わない。
弁解だの釈明だのに、費やすような時間はどこにもない。
俺がやると言ったらやるのさ。誰の手も借りていない、俺だけのプロジェクトなんだから。

だからこれからも今迄通りだ。
だからと言って、誰にも迷惑なんかかけないだろう?
もちろん、自民党の下衆野郎共には迷惑かけてやりたいけどな。
もちろん、くだらない身辺雑記もあるだろう。
もちろん、君たちに言えないような話も多々あるさ。それは俺の胸の中にしまっておこう。その方がきっと美しい。

全体重をのせて、ここまでやってきたんだ。これからも同じようにやっていくってだけの話だ。幸い、先日の健康診断によれば、体重はこのブログを始めたころよりも8キロくらい増えている。あのころは一挙に8キロ痩せて、医者から胃癌じゃないかって疑われたくらいだった。それが今じゃどうだ。お尻だってムチムチしてるぜ。もうじき45歳だけれど、ロックが体中に染みわたってるから、ますますもって年齢不詳の元気の良さだ。静かに暮らしのはもったいないんだ。PVも、鬱陶しいリファラースパムもどうでもイイ。ごく少数精鋭の読者の皆の衆がいてくれたら、それでイイ。
不人気な方が、俺は死んだ後にしか理解されないタイプなんだって思えて、自己陶酔できるってもんだ。
Budapest,Hungaryにて、著者近影

そんなわけで、読者諸君、これからもよろしくお付き合いを頼むぜ。身勝手なのは承知の上だ。
失礼する。明後日から、台湾旅行だ。そっちも楽しみにしてろよ!

2 件のコメント:

  1. Sparksさん
    お久しぶりです、kuboです。
    1000回おめでとうございます。
    継続は力なり、です。
    楽しみながらやれる力はつよいです。
    今後も、お写真を楽しみにしております。
    Kubo

    返信削除
  2. Kuboさん、コメントありがとう!
    本当に久しぶりです!
    これだけやってくると、愉しいばかりじゃなくて、それはそれで苦しいものもあるんですが、開き直って続けていこうかと思っています。
    出来れば、仕事をもう少し手抜きして、趣味に使える時間をとりたいと思ってるんですけど、なかなか思うようにはいかないですねぇ。
    また、近々お便りします。年明けからお互い繁忙期に突入するので、お体大切に!

    返信削除