2014/01/03

Post #1008

Budapest,Hungary
昨日の夜、TVでやってた西田敏行主演の『影武者 徳川家康』を見ていたら、無性に隆慶一郎の原作本を読みたくなって、本棚を漁って引っ張り出してきた。
この話は、関ヶ原の合戦で本物の徳川家康は、石田三成配下の忍びによって暗殺されており、そののちに徳川家康として世にあったのは、かつて一揆衆の一人として、織田信長を狙撃したこともある世良田二郎三郎という風来坊だったという話だ。二郎三郎は、自らの命を護るために、徳川家康の息子秀忠と、陰に陽に暗闘を繰り広げ、徳川家による一極支配の確立を阻み続けるという話だ。
これがまた、面白いんだよなぁ。
今夜から仕事も始まるし、今月は税務署に提出する書類も作っていかねばならないのに、困ったもんだ。
隆慶一郎の小説には、歴史家網野善彦の影響が背骨のように貫かれている。
物語を紡いでゆくのは、誰にも縛られず、時には差別さえされる非農耕、非定住の民、『道々の輩』だ。
彼らは既成のいかなる権力にも屈服することを良しとせず、家も持たず、農地も持たず、自らの技術技芸だけを頼りに、世を渡ってゆく。
そして、決して歴史の表舞台に出ることなく、ひっそりと死んでゆく。そのあたりが、世間一般で信奉者が多い、司馬遼太郎の作品とは大きく肌合いを異にしている。司馬遼太郎の作品では、主人公は、史書に特筆されるようなものばかりだからだ。
誰かに支配されることも、誰かを支配することもなく、自らの力のみで生きてく行く。
隆慶一郎の小説でもっとも有名なのは、もちろん『一夢庵風流記』、つまりマンガでおなじみの花の慶次であろう。あの前田慶次郎にしても、ある意味、武勇無双を表す朱槍一本を武器に世を渡り歩いた、道々の輩なのだ。
生きて、死ぬだけだよ。
ロマンだなぁ・・・。
しかし、江戸幕府の確立によって、一所不定の道々の輩の多くは、部落に押し込められ、被差別民として、歴史の暗部に追いやられることになる。
若いころから、俺はそんな自由さに憧れていた。
あるとき、その血筋を持つ知人の女性に、もし仮に君と結婚したとしたら、俺もその仲間になれるのか?と訊いてみたところ、それは無理だと言われたことがある。もうずいぶんと昔のことだ。
あくまでそれは血統なんだという意味合いのことを言われたように記憶している。
今でも、ヨーロッパに行った折に、ジプシーの写真を撮ってしまうのは、自分の中に一所不定の自由さに(もちろんそれは、物質的な不自由さと裏腹だ)憧れ魅かれる心性があるからだ。

俺は、隆慶一郎の決して長くはない作家生活で残した小説群を読むとき、もしかしたらありえたかもしれない日本を、夢想する。

さて、今から夕方まで、何をして時間を潰そうか?
プリントしようか、読書をしようか、税務申告の書類を作ろうか。
それともやっぱり『影武者 徳川家康』を読みふけってしまおうか。
読者諸君、失礼する。とりあえず小腹がすいたんで、餅でも喰らうとするぜ。まずはそこからだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿