2014/02/04

Post #1037

HomeTown/Nagoya
これはずいぶん昔に撮った写真だ。

三日くらい寝食を忘れて、ひたすらプリントしたいなぁ・・・。

毎日がひどくつまらない。
俺が愉しいと心底思えることは、ひたすら歩きまわって写真を撮ることと、取ってきた写真を、暗くて狭い部屋に一人で引きこもってプリントすること。それだけだ。
金儲けが、労働が、楽しみだという人は幸いなるかな。
俺には、そういう素質が少々欠落している。
もっと大々的に欠落し、まっとうな社会生活に適合できないくらいだったら、もう少しモノになっていたかもしれない。残念だ。

写真を撮り、プリントするということは、俺にとっては自分の頭のなかに、自分が歩いて集めてきた欠片を使って、自分だけの世界を再構成する営みだ。
それができないのなら、恥知らずの愚か者が、無駄に飯を食って、のんべんだらりと生きているだけに過ぎないんだ。
生きるために生きているだけなんだ。
いや、それどころか、生まれちまったから、仕方なく生きてるだけってことになっちまうんだ。
土を喰らってクソを出す、あのミミズという生物と、大差ないと思えてくるぜ。

毎日がひどくつまらない。
君の暮らしぶりはどうだい?
俺は自分の生計を支えている日々の労働を、心のどこかでずっと憎悪しているんだ。もっとも、仕事がないと、不安に押しつぶされそうなんだがね。

読者諸君、失礼する。今年になってから、一度もプリントできてない。気が狂いそうだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿