2014/03/25

Post #1085

Praha,Czech
今夜は久しぶりに仕事だ。
仕事前に、昼から3時間くらいかけてフィルムを一本やっつけてきた。
プリント17カット。クロアチアの首都ザグレブでのスナップだ。
う~ん、こんなもんかなぁって感じだ。時間を気にしながらだと、集中力がなくなっていけねぇ。
しかし、寸暇を惜しんでやっていかないと、俺の人生が終わってしまう。考えると憂鬱になるのさ。
今夜は去年の夏に、プラハで撮った黒人の青年の写真をお送りしよう。
こいつ、スゲー感覚の鋭い奴で、歩きながらシャッターを切ったんだけど、シャッター音を聞きつけたのか、HEY!HEY,YOU!とか言って俺の事追っかけてきて、スゲー形相で『お前、いま俺の写真撮っただろう!なに、撮ってないだと?そんなわけあるか!もし撮ってたら、お前のことを殺す!』って怒り狂ってたんだよな。
写真一枚撮るだけで、殺されちまったらたまらねぇよな、まったく。
しかし、黒人ってのはどうにも敏感だ。池袋の小娘と同じくらいシャッター音に敏感だ。
今までに、地元でも、パリでも黒人に、貴様いま俺の写真撮っただろうって凄まれたことがあるんだよな。
いつも黒人ばっかりだ。
人種差別する気はないけれど、やはり感覚が鋭敏なのか?
だいたいどうしてプラハに黒人がうじゃうじゃいるんだ?
それも水兵の格好してる奴ばかりだ。
どいつもこいつも黒人は、ヴルタヴァ河のボートクルーズで働いてるのか?
俺はいつしか黒人を見ると、身構えるようになっちまったんだよね。
また、写真撮っただろう!ってキレられたらたまらないからな。

読者諸君、失礼する。身体能力を向上させないと、世界とは渡り合えんということか。

0 件のコメント:

コメントを投稿