2014/03/27

Post #1087

Praha.Czech
こいつは、なんとなくウィリアム・クラインのパリとか撮った写真とか、或いはどこか寓意に満ちたボブ・ディランの歌のような雰囲気が感じられるんで、俺としては結構気に入っている写真だ。

肌を覆ったイスラム教徒の女性たちは、折からの暑さに水を求めている。旅先くらいはもっと涼しげな服装でもよさそうなものなのに、彼女たちはアッラーより与えられた戒律を律儀に守り通している。
その背後でグリーンベレーを思わせるベレー帽をかぶったマッチョな男性と、その妻と思しき年配のご婦人は観光客だろうか。どこか保守的な香りがする。
対して、フランス人ぽい右手のご婦人には、その表情や雰囲気になんとなくリベラルな軽やかさが感じられる。
人間の文化はさまざまだ。異なる文化の人間が集まるところ、それを国際都市というのだと思い至る。

中世以来の重厚な建物の前に、そっけないほど現代的なミニバス。
MĒSTSKĀ(都市)と記されたミニバスのボンネットに上半身をゆだねる青年は、人々の流れを目で追っている。彼は世界中から集まった観光客の織り成す流れの中で、浮かれることなく、新たな客を物色しているのだろうか。今日の糧を得るために。

それらのイメージは、中央の天使に扮した大道芸人を軸にして収斂しているんだ。
この道化師は宗教的なイメージをまといながら、それを茶化しているかのようだ。
この道化の存在で、歴史ある国際都市が祝祭空間に変容しているかのようだ。

なによりも、どいつもこいつもてんでバラバラな方向を向いているのがいい。
全員が一つの方向を向いている全体主義の社会なんて、俺は御免蒙る。

世界は多様性に満ちている方がいい。
少なくとも、俺はそう思う。
そして、違うものが違いを認めながらも、それ以上に相似たところを見出し、それぞれの存在を冒すことなく共存できたなら、それは最高だ。
ポメラニアンとドーベルマンが、その姿やサイズの違いにも関わらず、同じ『犬』という種に属し、同じ遺伝子を持っているかのようにね。

読者諸君、失礼する。自分の写真の絵解きをするのは、性に合わないけれど、今日はあえてチャレンジしてみたよ。この一枚の写真を、君たちにさらりと流されるのは嫌だったんでね。

0 件のコメント:

コメントを投稿