2014/04/11

Post #1102

Goa Gajah,Bali,
バリ島のボブ・マーリィの連れの女性。
カメラを向けると、ボブに促されるようにして、にっこりとほほ笑んでくれた。
少し照れたようにはにかみながら香炉を捧げて。

神の棲む森での、幸せな遭遇。

このあと、彼らはさらに奥の祠に向けて歩み去って行った。
俺はふと、俺の前にシヴァとその神妃・パールヴァーティーが俺の前に人の姿を借りて現れたようにも感じたんだ。

目に見える世界は、象徴に満ちている。目に見えるものから、目に見えない意味を読み取ること。それによって、このどうしようもない世界は、重層的な意味を持つ。

現代人が、目に見えるモノしか理解できなくなったのは、残念なことだ。
はるか昔、神の名を呼べば、天から光の柱が降りてくるのを、地を割って光の柱が立ち上るさまを、ありありと幻視することができた俺は、いつもそう思う。
残念なことに、それは写真には写らない。

読者諸君、失礼する。ゴアガジャの旅は、これで終わろう。次はどこに君を連れて行こうかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿