2014/04/24

Post #1115

神農老街、台南

人間がせせこましくなく、のんびりおおらかに暮らせる世の中ってのは、文句なしに良いものだと思う。
しかし実際はどうだ?便利にはなったが、それで忙しくなるばかりだ。
人間は、本来、自分たちが楽するために作り出した仕組みに、追いたてられているんだ。
まったく、冗談みたいだ。

それどころか、サラリーマン諸君の残業代をゼロにするという、とんでも法案が話し合われている昨今だ。厚生労働省は真っ青だ。いまに医療費がかさんで仕方なくなるぜ。
俺のような世間の大多数の凡庸な連中は、今以上に苛烈にこき使われて、奴隷のように扱われることになるんだろう。そうして身体を壊したり、精神がおかしくなったりしていくんだ。
政治家と資本家が悪だくみしてるのさ。

俺たちがのんびりおおらかに暮らせる日は、もう来ないのだろうか。

神農街の街歩きは、今日で終わろう。
君といつか、こんな椅子に座って、のんびりひねもす、写真のことや人生のこと、好みの女や小説のことなんかを、のんびり話し合える日が来るなら…。
読者諸君、失礼する。そんな無為な一日は、人生を豊かにしてくれる一日だ。少なくとも、残業まみれの一日よりも、遥かに価値があるさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿