2014/05/23

Post #1144

Praha,Czech
今日も世界の車窓からだ。
プラハ・ホレショヴィスに着いたんで、さっきまでそわそわして落ち着いていなかったインド人一家は、ニコニコして降りて行った。俺はトランクやらなんやらをまとめるんだけど、ふと目に入った窓の外の景色には驚いた。驚いて、シャッターを切ったよ。
それがこれだ。
飛行機と電車を乗り継いで、初めてやってきた国際都市の駅のホームが、これだぜ。どんがん工事をやってるようなんだげけど、作業員の姿も見えない。近づいたりしないように制止する虎模様の柵もない。
工事中というよりも、むしろ爆撃か爆弾テロかなんかに遭って、そのまま放置されているみたいな趣だ。なかなかに趣深いじゃないかね。しかも、午後の強い日差しが、この荒れ放題ぶりを一層引き立てている。それがなんとも美しいのさ。
俺は何だか嬉しくなっちまった。ワクワクするぜ。
プラハは素敵なところだって、この時確信したよ。
読者諸君、失礼する。予期しない風景に出くわし、日本の中での常識が、決して世界のジョーシキではないと思い知ること。それこそ旅の醍醐味だろ。

0 件のコメント:

コメントを投稿