2014/05/28

Post #1149

奥伊勢
この写真を友人に見せたところ、友人は高村光太郎の詩を教えてくれた。
『ぼろぼろの駝鳥』という詩だそうだ。
こんな詩だ。

何が面白くて駝鳥を飼ふのだ。
動物園の四坪半のぬかるみの中では、
脚が大股過ぎるぢやないか。
頸があんまり長過ぎるぢやないか。
雪の降る国にこれでは羽がぼろぼろ過ぎるぢやないか。
腹がへるから堅パンも食ふだらうが、
駝鳥の眼は遠くばかり見てゐるぢやないか。
身も世もない様に燃えてゐるぢやないか。
瑠璃色の風が今にも吹いて来るのを待ちかまへてゐるぢやないか。
あの小さな素朴な頭が無辺代の夢で逆まいてゐるぢやないか。
これはもう駝鳥ぢやないぢやないか。
人間よ、
もう止せ、こんな事は。

読者諸君、失礼する。しかし、どうしていったいこんな三重県の山のなかに、ダチョウがひょこひょこ歩いていたのか。俺には、今でも謎だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿