2014/07/21

Post #1202

Bali,Indonesia
バリ島の田舎道。

三毛作の稲田にアイガモが群れているただなかに、

この像は立っていた。

独立の英雄を讃えて建てられたものなのだろうか?

『時間』の持つ、情け容赦のない浸食を蒙り、頭はいつしか失せ、

右足はモルタルが剥落し、鉄骨のみで宙に浮いている。

かつては躍動する若い国家の希望を顕わして、

農民たちを睥睨していたであろうその像は、

今ではせまりくる夕闇の気配の中、

無惨な姿をさらして、風に吹かれている。

ここでは、英雄は忘れられても、

人々の暮らしは、延々と続いていく。

バリ島の田舎道。

三毛作の稲田にアイガモが群れているただなかに、

この像は今日も立っている。


読者諸君、失礼する。今日は爆睡しちまったよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿