2014/07/23

Post #1204

Paris
昨晩、TVのスポーツニュースで大相撲の試合結果を見ていたら、ふとかつては俺にも夢があったなぁと思い出し、すこしばかり切なくなった。
どんな夢かって?

それはパリの歓楽街ピガールあたりで、胡散臭い女相撲のプロモーターになる夢だ。

日本から連れて行ったむっちりしたお姉さんをメインに、現地のフランス人の女の子も取り混ぜて、まわし一丁のトップレスで、ガチですもうを取らせるというキワモノの興行主だ。もちろん相撲は真剣にとってもらう。

女性を食い物にしているとか、神聖な土俵に女性を上げるとはどうゆうことだという、至極まっとうな批判の数々しか聞こえてこないような、不埒な夢だ。そんなことは承知している。俺は夢の話をしてるんだ。道徳だのなんだのと言ったお堅い話をしてるんじゃない。どんな夢でも、見るのは勝手だろう?OK、続けよう。

薄暗いホールの真ん中に、土俵をこしらえ、土俵だけはスポットライトで照らすのさ。
升席を象ったような客席には、フランスだけじゃなく、世界中から集まったお客がひしめいている。
場内には鳥居だのしめ縄だので演出するんだ。力士のお姉さんたちは、鳥居をくぐって出てくるんだ。東西二つ設けて、片方には狛犬、片方には稲荷のお狐さんでもおいてみるってのもいいな。行事には天狗のお面なんかかぶせてみるか。
あまりにもいかにも過ぎてキッチュな和風空間で、ムチムチぷりぷりした大和撫子が、おっぱいをたゆんたゆんさせながら、がっぷり四つに組むのさ。島田髷なんかにしてやったら、ヨーロッパ人に受けるかもしれないな。なぁに、かつらで構やしないさ。
俺は、これ見よがしな紋付き袴を着て、高下駄を履いたりして、いかにも胡散臭い日本人候といった風情で、娘さんたちの取組に見入るフランスの物好きたちを、うなづきながら眺めるのさ。キセルで煙草なんか吹かしながらね。煙草盆も忘れちゃならねぇな。
ときには狩衣を着て、行司をやるってのもいいだろう。

なんて、下らない夢物語を、真剣に夢想して、友達に会うごとに吹聴し、話のディテールを膨らませていった時期があった。
どうせ人生はくだらないんだから、思いっきり下らなく俗悪な事をしてみたかった。それでいて悪びれることもなく、堂々と開き直っていたかった。なにしろ、世の中の人々は真剣に物事に取り組もうとして、どんどん愚かなことをしでかしている。ここはひとつ、その逆をついて、真剣に愚かでくだらなくて、俗悪な事を突き詰めてみるべきだと考えていたのさ。

けれど、しっかりしたカミサンがついているので、そうはならなかったのさ。放蕩無頼に憧れるだけの善良な小市民だ。しょせんその器じゃないってことさ。

読者諸君、失礼する。真面目に働いてばかりの人生じゃ、つまらないってもんさ。そうじゃないかい?

0 件のコメント:

コメントを投稿