2014/07/27

Post #1208

Istanbul,Turk
さて、現金なもので、昨日医者に行って痛風の鎮痛剤を注射し、薬を3種類くらい飲んでるだけで、右足の痛風は、すっかり痛みが引いた。
今夜はもともと仕事がなかったんで、リハビリがてら歩いて、俺の住む町の祭りに行ってきた。
七夕まつりという奴だ。
何があるというわけでもあるまいに、中学高校生ぐらいの若者たちや、ちびっこを連れた親子なんかが、普段はシャッターが閉まっているだけのがらんとした商店街を、びっしり埋め尽くしている。
一体ぜんたい、この人たちはどこから集まってきたのか?
いっそ、こんなに人々が集まるなら、一年中ずっと祭りやってるってのはどうかな?
マラケシュのジャマエル・フナや台湾の夜市みたいにね、年がら年中、アーケード街に屋台を広げて、大勢の人々を迎え入れれば、町の活気も出るんじゃぁなかろうか?
どうだろう?
俺は楽しくっていいんじゃないのって思うけど、

読者諸君、失礼する。眠くって仕方がないぜ。

0 件のコメント:

コメントを投稿