2014/10/28

Post #1301

Patan,Kathmandu,Nepal
忙しいんだ。朝8時から打合せをして、書類を作成し、道具の準備をして、現場の定例会議にも出て慌ただしい一日を送っている。仕方ない、明日から新しい現場が始まるのだ。
遊んでばかりいられたら、人生楽しいのかもしれないが、それはそれで不安になってくるってもんだろう?だから粉骨砕身して働かなければならないのさ。

その忙しいさなかに、知らない番号から電話がかかってきやがった。

誰だ?と思えば、公正取引委員会だ。
公正取引委員会が、俺に何の御用かしらん?なんかヤバいことやったかなぁ・・・?と思っていると、どうもこの4月に消費税が上がった際に、買いたたきが行われていないかという調査があったのさ。その調査に、実際に客先から買いたたきにあって、消費税増税分を払ってもらえなかったという報告を、俺は自分で怒りを込めて書いて送っていたことを、すっかり忘れ去っていた。

公正取引委員会の担当者さんが言うには、実際にそういう事例はそんなに多くはないという話だ。しかし、世の中ってのは、統計だけではわからない。世の弱い立場の下請けの皆さんは、元請さんから干されるのが怖くて、そんなことをお上に正直に報告したりはしていないに違いない。
世の中には、法律の抜け穴を探しちゃ潜ろうとする、小狡い奴が多いのさ。しかし、その小狡い奴らも、家に帰ればよき父親、良き夫だったりするので、困ったもんだ。

人間とは、そもそもが善くもなければ、そう悪くもないという、どっちつかずのふらふらした存在なのだ。

あぁ、また話がそれた。で、忙しさに拍車をかけるようにして、請求書や契約書を引っ張り出し、銀行の通帳をスキャンして、公正取引委員会にお送りしたわけだ。これで、少しでも俺を舐めやがった奴らに煮え湯を飲ましてやることができたら、これはまたちょっと面白いもんだ。けっ、ざまぁ見やがれだ!
とはいえ、そんな話はすっかり忘れてたんだけどね。いつまでも過去のいざこざに振り回されてるような暇はない。俺の目は前に向いてついてるんだ。ケツについてるわけじゃない。もっとも、ケツに目がついてたら、パンツもはけやしないがな。

読者諸君、失礼する。こんなことやってる場合じゃない、明日から新しい現場なんだ!

0 件のコメント:

コメントを投稿