2014/11/19

Post #1323

Night Market,Fes,Morocco
今日は、日中出張先の古い街並みを見て回った。
朝の5時まで働いていたというのに、我ながら元気なこった。

日本の町には、二つの大きな特徴がある。
一つはやたらと電線があること。
これはイイ。俺は好きだ。
空にかかった五線譜みたいだ。
風景にリズムを与えているんだ。

もう一つは、人間がほとんど歩いていないことだ。
見かけるのは、人生の搾りかすみたいになった老人ばかりだ。
みんな引きこもりにでもなっちまってるのか?
これはいただけない。
いったい日本人はどこにいるんだ?
1億3千万人もいるってのに、どうなってるんだ?
東京や大阪にしか日本人は生息してないのか?
絶滅危惧種に指定される日も遠くないって思えるぜ。
どこに行ってもさほど変わり映えのしない風景、しかも人影もまばら。
写真を撮っていても、なかなかにノッテこないんだよ。


だからせめて、俺はいつだって、日本の町をカメラを持って歩くとき、飛行機に乗って、地球をくるりと一周して、やっとこさたどり着いた世界の涯の見知らぬ街だと思い込むようにしているんだ。
何故かって?
その方が新鮮な視点で町並みを見ることができるだろう。
で、わざとらしく、Wao!って驚いたみたり、Very Fantastic!と感嘆してみたりするのさ。
HAHAHA!おかしいだろう?

そうして今日も400年前から続く町並みを歩いていたら、学校帰りの小学生に、あいさつされてしまったよ。
HELLO!ってね。

読者諸君、失礼する。こう見えても、俺も日本人の端くれのつもりなんだけどなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿