2014/11/22

Post #1326

士林夜市、台北、台湾
知り合いのおじさんが亡くなったという知らせを受けた。
既に葬式は終わっていた。亡くなったおじさんの奥さんは、気が動転していたので、俺のところまで連絡したかどうかなんて、気にする暇もなかったんだという。
ここ10年ほど、身体が不自由そうだったが、ユーモアのある、気さくな小市民だった。

高倉健のように有名な人にも、無名な小市民にも、死は等しく訪れるのだ。

読者諸君、失礼する。暑さ寒さが厳しさを増すころに、人はよく亡くなるんだそうだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿